ロングライフの費用を知りたい!老人ホーム費用の貯め方も紹介!

ロングライフ 費用-ロングライフ 評判のいい老人ホーム

ロングライフは、全国に有料老人ホームとグループホームを展開しており、ケアサービスを提供し続けて35年の実績があります。

質の高い介護サービスなどで人気の有料老人ホームですが、ロングライフは俗にいう高級老人ホームの部類。

入居したいと思っても、なかなか入居することは難しいですよね。

入居金だけでなく、月額利用料もかかってきますから、継続的に費用を支払うことができないといけませんし…。

そもそも高級老人ホームとしかわかっておらず、実際の費用をよく知らないという人も多いのではないでしょうか?

でも、高いとはわかっていても、もしお金を貯めておくことができたなら入居したいと思いますよね。

そこで今回は、ロングライフの費用について解説していきたいと思います!

老人ホームでかかる費用の貯め方・用意の仕方も紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください!

高級老人ホームってこんなにすごいの?!気になる費用とは?
近年では、老後の過ごし方を考えて早いうちから老人ホームを探す人たちが増えてきています。 「老後は毎日楽しく暮らしたい!」「ゆったりと静かに暮らしたいな~」 と、人それぞれ思い描く老後があるはずです。 中には、「今までと違ってセ...

ロングライフに入居したらかかる費用はいくら?

ロングライフの費用は、入居する部屋タイプによって変わってきます。

早速、ロングライフに入居してかかる費用を確認していきましょう!

今回の記事では、大阪にあるロングライフうつぼ公園を例に紹介していきます。

【ロングライフうつぼ公園の費用】

部屋の大きさ 入居金 月額費用
ゴールド 25.37㎡ 1,800万円 182,000円
プラチナ 50.74㎡ 3,300万円 232,000円

他の有料老人ホームでも、20万円前後の月額費用はたまに見かけますが、入居金はまさかの1,800万円超え…

入居金で1,000万円、3,000万円をみてしまったので、なんだか月額費用はとてつもなく安く感じてしまいます。

上記の表にある入居金・月額費用以外にも、要介護度によっては介護保険の自己負担分がかかります。

ですので、実際にかかる月額費用は表記されている金額以上ということになりますね。

ロングライフでかかる費用の仕組みを、詳しく見ていきましょう!

老人ホームの費用はどのくらい必要?【表でわかりやすく解説】
老人ホームへの入居を検討している方であれば、どのくらいの費用がかかるのか不安に思いますよね。結論から言ってしまうと、値段は多種多様です。老人ホームには、大きく『公的施設』と『民間施設』に分けることができます。一言で言ってしまうと、民間施設の

ロングライフの入居金!

ロングライフ 費用-老人ホーム費用のイメージ

最初にも説明しましたが、ロングライフでかかる入居金は以下の通りです。

入居金
ゴールド 1,800万円
プラチナ 3,300万円

何度見ても高い金額ですね…。

入居金の全国相場は510万円大阪府の平均相場は180万円です。

平均相場と比較すると、圧倒的に費用が高いということがわかります。

高級老人ホームなので高いのは当たり前かもしれませんが、低い金額でも平均相場の10倍かかりますから、しっかりお金を貯めておかないと支払うことは難しいですね。

入居金が返ってくることはある?

「せっかく高いお金を払ったのに、何年かで退去しなくてはいけなくなった…」なんて人もいるでしょう。

長期的に老人ホームで過ごそうと計画していても、すぐに退去することになるのはよくある話です。

体調の変化や対人トラブルなど、理由は様々でしょう。

そんなとき、入居金はどうなるのでしょうか?

一度入居したとはいえ、10年利用した人と2年利用した人で同じ金額を支払うのは、少し嫌ですよね。

でも、安心してください!

ロングライフの入居金には、償却制度が設けられています。

ロングライフで決められている償却期間7年(84ヶ月)の間に退去した場合は、一部の金額が戻ってくるのです!

返還金は以下の計算式で算出されます。

返還金=入居一時金×約75%×{(償却月数-入居経過月数)/償却月数}

入居時に約25%は償却されてしまうので、残りの約75%を7年(84ヶ月)で償却することになります。

では実際に、ロングライフを2年で退去した場合、いくらの入居金が戻ってくるのでしょうか?

ゴールドタイプに入居した場合で、計算してみます。

入居期間:2年(24ヶ月)
入居金:1,800万円

(償却月数-入居経過月数)/償却月数=(84-24)/84=0.71

1,800万円×0.75×0.71=958.5万円

ロングライフのゴールドタイプを2年で退去した場合は、約958.5万円も返金されるのです!

有料老人ホームに入る際の入居金はどのくらいかかる?【支払う意味は?】
『気になっている老人ホームがいくつかあるのですが、入居金0円のところと入居金300万円のところがあります。どのように違うのですか?』老人ホームを探していると、『入居金』がなぜ必要なのかわからないという方がいます。また、上記の質問のように入居

ロングライフでかかる月額費用!

最初にも紹介しましたが、ロングライフでかかる月額費用は以下の通りです。

月額費用
ゴールド 182,000円
プラチナ 232,000円

全国の平均相場は22.3万円で、大阪府の平均相場は19万円です。

平均相場と比べると、入居金ほど圧倒的に高いわけではなく、むしろゴールドプランだと平均相場よりも安いという結果になりました。

しかし、この金額に加え、介護保険の自己負担分がかかってくるので、注意しておきましょう。

また、ロングライフはマンションタイプの部屋なので、各部屋の水道光熱費は別途かかります。

そう考えると、おむつ代や嗜好品代などもどんどん足されて、結局は高級老人ホームとして納得の費用になりそうですね。

上記の月額費用には、管理費と食費しか含まれていないということを覚えておきましょう!

ちなみに、食費は朝500円、昼950円、夜950円を30日分で算出しています。

夜の950円はまだしも、昼950円って…。
そんな高いランチ、オシャレOLでも毎日食べれないですよね。

内訳を詳しくみていくと、平均相場よりも安くても、なんだか高級感が出てきましたね。

ロングライフに入居するためにお金を貯めておこう!

「ロングライフは高級老人ホームだから高い!」ということも前提に紹介してきましたが、お金があるなら入居してみたいですよね。

質の高いサービスはもちろん、広くてキレイな部屋で落ち着いた老後を過ごせるなら誰しもが憧れるはずでしょう。

しかし、高齢になると主な収入は年金だけになってしまうので、年金だけで老人ホーム費用を賄うのは困難ですよね。

ですので、現役時代から老人ホームに入ることを想定して、コツコツと貯蓄していくことが大切なのです!

さらに、現役時代からの貯蓄だけではなく、年金や退職金、息子や娘からの援助、アパート経営や有価証券の配当などから老人ホームの費用を作る高齢者が多いです。

入居後の費用に関しても同様で、もう自宅に戻る気がない人は自宅を売却したり貸し出ししたりして収入を得ている人も多くいます。

老人ホームに入居するために貯金は必要?【年金で入居は可能か?】
『老後2000万円必要って言われてるし、若いうちから貯金してないと老人ホームに入居できないのかな?』 『老後に使えるお金がほとんどない…。年金だけで老人ホームに住めないのかな…?...

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ロングライフの費用については理解していただけたでしょうか?

たしかに費用だけ見たら高い老人ホームかもしれませんが、その分「入居してよかった!」と思えるサービスばかり提供されています!

実際に入居してよかったと感じている人の口コミを集めた記事もありますので、併せて確認してみてください!

素敵な老人ホームライフを過ごすために、ぜひロングライフへの入居を検討してみてください!

ロングライフの評判を知りたい!「入居してよかった!」の口コミで施設を紹介!
ロングライフは、全国に23か所の有料老人ホームとグループホームを展開しています。 運営に軸は有料老人ホームで、その施設は一般的に高級老人ホームと言われています。 施設はまるで高級ホテルのような造りになっており、優雅なセカンドライ...
タイトルとURLをコピーしました