在宅復帰を目指せる老人ホームはある?【退院後におすすめ】

老人ホームの基礎知識

『母が退院したのですが、自宅に戻る前にリハビリを行ったほうが良いと言われました。どのような施設でリハビリをしてくれますか?』

『在宅復帰を目指したいのですが、どのような老人ホームであれば在宅復帰を目指せるのでしょうか。』

高齢者の方がケガや病気を患ってしまい身体機能が損なわれてしまうことは多数ありますね。

このような場合にリハビリをして在宅復帰を目指したいと考える方はとても多くいます。

結論から言ってしまうと、ケガや病気で身体機能が多少損なわれてしまったとしても、在宅復帰を目指すことは可能です。

今回の記事では、在宅復帰をするために必要なこと、在宅復帰を目指せる老人ホームについて解説します。

在宅復帰を目指しているという方は、ぜひ参考にしてください!

在宅復帰に必要なことを確認しましょう

まずは、どのような原因でリハビリをしなくてはならないのかしっかりと把握する必要があります。

例えば、交通事故や脳梗塞など様々な理由でリハビリが必要ですよね。

リハビリにも、理学療法士によるリハビリ、作業療法士によるリハビリ、言語聴覚士によるリハビリのような種類があるので、リハビリしなければいけない部分を明確にしておく必要があります。

それぞれの特徴についても解説しますね。

理学療法士によるリハビリ

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

歩く、座る、立つなどの基本的な動作からリハビリを行ってくれます。

このような基本的動作の回復を目的としたリハビリを行ってくれるのが理学療法士です。

作業療法士によるリハビリ

作業療法とは、身体機能低下している高齢者や、身体に障がいがある対象者(患者)に対し、ADL(日常生活活動)という、日常過ごす上での応用的な動作を図るために行なっていく療法です。

家事や服を着る動作などの作業ができるようにリハビリを行ってくれるのが、作業療法士です。

座ることや歩くことが容易なら、作業療法士によるリハビリを受けることになるでしょう。

言語聴覚士によるリハビリ

言語聴覚士とは、病気や生まれつきの障害などによって、話す・聞く・食べる・飲み込むことに不自由がある人に対して、言語能力や聴覚能力などを回復させるリハビリを行う仕事です。

脳梗塞やケガをしてしまった場合に、話すことや食べることなどの機能が損なわれてしまった場合にリハビリをしてもらえます。

在宅復帰とは直接的な関係はないかもしれませんが、脳梗塞だと身体機能とともに言語の機能も損なわれてしまう可能性があるので、一概に関係がないとは言えませんね。

在宅復帰を目指せる老人ホーム

次は、在宅復帰を目指せる老人ホームについて解説します!

  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 有料老人ホーム

の以上の3種類の老人ホームであれば、在宅復帰を目指したリハビリを受けることができます。

これだけではどのような老人ホームなのかわからないので、解説しますね。

介護老人保健施設

基本的にリハビリをするとなったら、介護老人保健施設が最初におすすめされるでしょう。

介護老人保健施設は、3か月単位で入居できる老人ホームで、その3か月間で短期的に集中したリハビリを行ってくれる老人ホームです。

そもそも在宅復帰を前提としているので、在宅復帰を目指したいという方は介護老人保健施設を利用することをおすすめします。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、リハビリと医療を同時に受けることができる老人ホームです。

医療によるケアを受けつつリハビリもできるので、医療ケアが必要な方にとっては最高の場です。

介護老人保健施設では、医療を手厚く受けることはできないので、医療が必要か否かという点で、どちらの施設に入居するか考えるといいでしょう。

有料老人ホーム

有料老人ホームは、終身利用できる老人ホームとして有名ですね。

介護老人保健施設や介護療養型医療施設と違い、在宅復帰を目指す人は少ないです。

生活全般をリハビリ対象としていて、家事や入浴などを一人でできるようなリハビリを行っています。

ある程度自立している方でないと、厳しいリハビリかもしれませんね。

また、介護士がリハビリを行うので、資格者が行うリハビリとは違う点にも気を付けましょう。

それぞれの老人ホームのメリット・デメリット

説明はしてきましたが、ぱっと見ではわかりにくいかもしれないので、表を用意しました。

介護老人保健施設 介護療養型医療 有料老人ホーム
メリット 本格的なリハビリを受けられる 医療とリハビリを両方受けられる 介護をしてもらいながら生活の中でリハビリができる
デメリット 在宅復帰できなくても退去させられてしまう 入居できる期間が決まっている 在宅復帰には向いていない

これでそれぞれの老人ホームのメリット・デメリットが一目でわかりますね。

また、介護老人保健施設や介護療養型医療施設は公的な施設なので、費用が安いです。

そのため人気も高く、すぐに入居ができるかわからないことが多いです。

これらのメリット・デメリットを踏まえて在宅復帰を目指せる老人ホームを選びましょう。

まとめ

在宅復帰を目指せる老人ホームについては理解していただけたでしょうか。

もう一度在宅復帰を目指せる老人ホームをまとめておくと、

  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 有料老人ホーム

です。

それぞれの老人ホームにメリット・デメリットがあることも確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました