ペットと暮らせる老人ホームはある?【施設ごとに紹介】

老人ホームの基礎知識

『ずっと一緒に暮らしてきたペットと別れたくないのですが、ペットと一緒に暮らすことができる老人ホームはありませんか?』

ペットをずっと飼っている高齢者の方であれば、老人ホームに入居したとしてもペットと一緒にいたいと考えますよね。

何年もペットと一緒に暮らしてきたのであれば、もはや家族同然です。

今回の記事では、ペットと一緒に暮らせる老人ホームについてお話していきます。

ペットと一緒に老人ホームに入居したい方はぜひ読んでください。

ペットと暮らせる老人ホームはある?

そもそも、『老人ホームなのにペットと一緒に暮らすことなんてできるの?』と思う方が大半だと思います。

結論から言ってしまうと、ペットと一緒に暮らすことができる老人ホームは年々増えています。

有名な事例としては、2012年にオープンした特別養護老人ホーム【さくらの里】で、『伴侶動物福祉』を導入したことです。

さくらの里が伴侶動物福祉を導入するまでは、ペットと一緒に暮らせる老人ホームはありませんでした。

これを機に、近年ではペットと一緒に暮らすことができる老人ホームが増えてきました。

こちらのサイトでは【ペットと一緒に暮らせる老人ホーム】という検索の仕方ができるので、ペット可の老人ホームを探す際にはとても便利です。

ぜひ使ってみましょう。

ペット可老人ホーム一覧

ペットと一緒に暮らすことができる老人ホームは、近年増えていると言いましたが、ペットと暮らせる老人ホームはまだまだ少ないです。

ペットと一緒に暮らせる老人ホームの種類は、

  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • シニア向けマンション
  • ケアハウス
  • 特別養護老人ホーム(ごく一部)

このような老人ホームでペットと一緒に暮らすことができます。

ペットと暮らせる物件が一番多いのは、有料老人ホームです。

ただし、どの老人ホームにも言える話ですが、ペットのケアもしてもらわなければいけなくなるため、料金が高うなってしまう可能性があります。

詳しい料金設定に関しては、希望している老人ホームに直接聞いてみましょう。

老人ホームの費用はこちらで解説しています。

老人ホームの費用はどのくらい必要?【表でわかりやすく解説】
老人ホームへの入居を検討している方であれば、どのくらいの費用がかかるのか不安に思いますよね。 結論から言ってしまうと、値段は多種多様です。 老人ホームには、大きく『公的施設』と『民間施設』に分けることができます。 一言で言...

ペット可老人ホームを選ぶメリット・デメリット

ペットと暮らせる老人ホームを選ぶメリットとデメリットについて考えていきましょう。

今まで一緒に過ごしてきたペットと一緒に暮らせるだけで幸せと感じるかもしれませんが、メリットばかりではありません。

しっかりとデメリットを理解したうえでペットと一緒に老人ホームに入居するか考えましょう。

ペット可老人ホームを選ぶメリット

まずはメリットから考えていきましょう。

  • 長年一緒に暮らしてきたペットとずっと一緒にいられる
  • ペットの世話をするので認知症の予防に繋がる
  • ペットを飼っているほかの居住者と共通の話題ができる
  • アニマルセラピーによって癒される
  • 家族と思える存在と一緒に暮らすことで、不安を軽減できる

このようなメリットが挙げられます。

ペットの世話をすることによって、認知症予防に繋がるということがわかっています。

また、ペットと一緒に暮らすことによって、情緒が安定、ストレス軽減のような効果が見られます。

ペット可老人ホームを選ぶデメリット

次はデメリットについて考えていきましょう。

  • 通常の老人ホームと比べて料金が高くなる
  • ペットが原因でほかの居住者とトラブルにつながる可能性がある
  • ペットの飼い主の方が先に亡くなってしまってペットが残される可能性がある

このようなデメリットが挙げられます。

通常の老人ホームと比べると、どうしても費用が高くなってしまいます。

ペットがいると、その分施設も大きくしなければなりませんし、ペットの世話も介護士がするということもあります。

『全部自分で世話できる!』と思っている方もいると思いますが、現実的ではありません。

どのようなペットなら一緒に暮らすことができる?

ペットと一括りにしても、たくさんありますよね。

ハムスターのような小動物から、ゴールデンレトリバーのような大型犬まで、千差万別です。

基本的には、ポメラニアンやミニチュアダックスフンドのような小型~中型犬と一緒に暮らせる老人ホームが多いです。

ゴールデンレトリバーやドーベルマンのような犬は入居できないという老人ホームが多いです。

ただ、施設によって条件が異なっているので大型犬でも一緒に暮らせる老人ホームはあります。

犬だけでなく、猫やハムスターのような動物と一緒に暮らすことができます。

詳しくは希望している老人ホームに相談してみましょう。

飼い主が先に亡くなってしまった場合の対処方法

悲しいことですが、ペットよりも飼い主が先に亡くなってしまうというケースもあります。

飼い主のほうが先に亡くなってしまった場合は、そのまま老人ホームで犬を飼い続けてくれることもあれば、引き取り先を探すなどいろいろな方法を模索してくれます。

保健所に連れていかれて殺処分にされてしまうのではないかと不安に感じるかもしれませんが、老人ホームでは最大限配慮してくれるので安心していいでしょう。

まとめ

ペットは大切な家族という考え方が一般的になってきていますね。

まだ今は、老人ホームに入居する必要はないと考えている人も、真剣にペットと一緒に暮らせる老人ホームについて考えてみましょう。

ペットと一緒に暮らせる老人ホームは増えつつあると言っても、まだまだ現状では少ないです。

少しでも長くペットと一緒に過ごしたいと考えるのであれば、ペット可の老人ホームを探してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました