介護施設に届いたアベノマスクは小さい?感染対策バッチリな使い方を紹介!

アベノマスク 介護施設-マスクをしている高齢者 コラム

政府から配布されることが決まった布製マスク、通称「アベノマスク」。

洗って繰り返し使うことができるので、マスク不足の問題を解決でき感染予防に繋がります。

介護施設では、一般家庭よりも先に配布が開始されています。

介護施設利用者全員に行き届くよう、十分な数が配布されており、集団感染を防ぐためのひとつの対策でもありました。

しかし、このアベノマスク、「小さい!」という声が多数届いているのです!

小さかったら、完璧な感染予防はできないですよね。

では、そのアベノマスクどれほどサイズなのでしょうか?改善策はあるのでしょうか?

今回は、いま話題となっている介護施設に届いたアベノマスクについて徹底解説していきたいと思います!

アベノマスクの快適な使い方も紹介してるので、ぜひ最後まで読んでみてください!

アベノマスクは小さくて使えない!

新型コロナウイルスの感染防止対策として、国から各家庭に布製マスクが配布されることが決定しました。

家庭への配布に先立って、介護施設にはすでに布製のマスク、通称アベノマスクが到着しています。

しかしそのアベノマスク、「小さくて全然使えない…!」と、逆に話題になっているのです。

鼻を隠そうとしたら口が出るし、顎まで覆おうとしたら鼻が出るしと、とにかく小さいのです!

介護施設に優先してアベノマスクが配布されたのは、感染のリスクが高い高齢者が集まる施設での集団感染を防ぐためだったはずです。

しかし、鼻が出てしまうようなサイズだと、全然感染予防にならないですよね…。

たしかに、国会にいる安倍首相がつけてるマスクがアベノマスクなら、小さいと感じた人も多くいるのではないでしょうか。

さらに、このアベノマスク、一部の地域では伸縮性皆無のマスクが送られてきているのです。

耳にかける紐が短く伸びないので、男性がそのマスクをつけると耳がうっ血してしまうほどのようです。

マスクが送られてくるのは嬉しいですけそ、このサイズ感だと結局は自前のマスクをつけないと感染予防にはならなそうですね…。

しかし、女性だと小さいサイズでも問題はなさそうなので、アベノマスク配布の意味が全くないわけではなさそうですね!

他サイトの引用方法
参考 東洋経済:アベノマスク「耳が痛くて使えない」呆れた実態

アベノマスクは洗うと縮む?

アベノマスクは、布製マスクのため「洗えば繰り返し使える」という触れ込みで、配布が開始されています。

しかし、このアベノマスク、「洗ったら縮んだ!」という声が多数届いているのです!

洗う前と洗った後の実際のサイズ変化は、以下の参考サイトをご覧ください。

参考 YAHOO!ニュース:アベノマスク、正しい方法で洗ったのに「驚くほど縮んだ」

通常のサイズですら、「小さい!」という子が多数あるのに、洗ったらさらに縮むなんて…。

衛生面を考えて、1日1回は洗わなくてはいけませんし、介護施設でマスクをキレイに使うなんて不可能に近いです。

洗うことは必須と考えるべき状況で、洗ったら縮む生地のマスクなら繰り返し使う気にはなれませんよね。

まだ、開封していない介護施設でも、この噂を先に聞いてしまえば、あまり使おうという気にはなれないのではないでしょうか。

このような素材のマスクであるのならば、「他にもっといい新型コロナ感染予防策があったんじゃないか?」と疑問を浮かべる人も出てきています。

介護施設に届いたアベノマスクの快適な使い方!

「小さい!」と言われているアベノマスクですが、工夫をすればもっと快適に使えるのです!

アベノマスクを立体マスクにリメイクするのが、今話題となっています!

リメイクしたマスクのことを、通称「ベツノマスク」というみたいですよ。

ベツノマスクという呼び名を考えた人、すごいですよね(笑)

いくら小さいとはいえ、このご時世のガーゼマスクはとても貴重で、感染面・衛生面には適している素材です。

使わないなんてもったいないですよね。

サイズだけが満足いかないのなら、大きくしちゃえばいい!といった考えの方が多く、リメイクが話題となっているのではないでしょうか?

白のガーゼマスクのまま作る人もいますが、自分のお気に入りの生地を表にして裏地にアベノマスクのガーゼを使う人が多いです。

介護施設に届いたアベノマスクもリメイクするのであれば、レクリエーションのひとつとして行うのがいいかもしれません。

アベノマスクのリメイク作業では、切ったり縫ったりと手先の作業がメインとなります。

手先を動かすことは脳の活性化に繋がり、認知症対策にもなるのでレクリエーションとしてピッタリです!

もともと、レクリエーションで手芸に取り組んでいる介護施設もありますから、アベノマスクのリメイクまで内容を広げてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

介護施設に届いたアベノマスクについては理解していただけたでしょうか?

そのままのサイズでは小さいと感じている人が多いですが、国が配布しているだけあって素材は感染予防にとても適しています。

使わないのはもったいないですし、ぜひリメイクなどをして使いやすい大きさにすることをオススメします!

緊急事態宣言で介護施設はどうなる?介護サービスは受けられるの?
世界的大流行となっている「新型コロナウイルス」。 日本でも感染の勢いはとどまる所を知らず、東京では100人以上の新たな感染者が日々確認されています。 これ以上の感染を防ぎ、国民の安全を守るために「緊急事態宣言」が出されました。 ...
タイトルとURLをコピーしました