【京都府】老人ホームの費用相場を公開!費用を抑えたいなら公的施設がオススメ!

老人ホーム 京都 費用-京都府 老人ホーム 費用 【地域別】オススメの老人ホーム

老人ホーム選びで、最も気になるポイントは「費用」ですよね。

老人ホームには大金がかかるイメージがありますから、「できるだけ費用を抑えたい!」と考えるのが誰しもの本音だと思います。

また、「早いうちから貯金しておこう!」という方もいるのではないでしょうか?

貯金をするにしても、どれくらいの金額がかかるのかある程度わかっていないといけませんよね。

そこで今回は、【京都府】にある老人ホームの費用について詳しく解説していきたいと思います!

市区町村別の費用相場も公開しているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

京都府の老人ホームでは入居金と月額費用がかかる!

老人ホームでは、「入居金」と「月額費用」がかかります。

コチラの費用は京都府の老人ホームに限らず、全国の施設でかかる費用です。

支払うタイミングや仕組みがそれぞれ異なってきますので、各費用ごとに確認していきましょう。

入居金

入居金とは、老人ホームの入居時にかかる費用のことです。

相場は0円~数千万円と、幅が広くなっています。

入居金は、「家賃の前払い」としての役割を果たすこともあり、高い金額を支払った分その後の家賃が安くなる可能性もあります。

ですので、入居金0円の施設と入居金が数百万円する施設と比べても、最終的には支払う金額が一緒になることもあります。

現在どの程度貯金があるのかも考え、入居金の予算は決めていかないといけませんね。

入居金については、以下の記事でより詳しく説明しているので、一度確認してみてください。

有料老人ホームに入る際の入居金はどのくらいかかる?【支払う意味は?】
『気になっている老人ホームがいくつかあるのですが、入居金0円のところと入居金300万円のところがあります。どのように違うのですか?』 老人ホームを探していると、『入居金』がなぜ必要なのかわからないという...

月額費用

月額費用とは、月々にかかる費用のことです。

月額費用にはさまざまな金額が含まれていますが、基本的には

居住費・食費+その他の費用=月額費用

といった内訳になるでしょう。

居住費・食費は変動しませんが、その他の費用は使った分だけ請求されるので月によって変動します。

そのため、基本的な費用が安くてもその他のサービスを使い過ぎれば月額費用も高くなってしまいます。

月額費用が安い老人ホームを選んだつもりでも、結果的には他の施設より高くなってしまった…なんてこともありえるので注意しておきましょう。

また、その他の費用には介護サービス費も含まれます。

介護サービス費用は、所得によって1∼3割の自己負担額が決まるので、人によっても月額費用に差があるというわけです。

入居者の負担額はだいたいいくらになるのか、事前に確認しておくようにしましょう。

月額費用の内訳などについては、以下の記事で詳しく説明しているので、一度確認してみてください。

老人ホームの費用はどのくらい必要?【表でわかりやすく解説】
老人ホームへの入居を検討している方であれば、どのくらいの費用がかかるのか不安に思いますよね。 結論から言ってしまうと、値段は多種多様です。 老人ホームには、大きく『公的施設』と『民間施設』に分けることができます。 一言で言...

京都府にある老人ホームの費用相場はどれくらい?

実際に、京都府で老人ホームに入居するとなったらどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

京都府の費用相場を確認していきましょう。

入居金 月額費用(入居金あり) 月額費用(入居金なし)
京都府 680万円 22.6万円 23万円
全国 510万円 22.3万円 20万円

全国の老人ホームの費用相場も一緒に表にまとめておきました。

京都府の老人ホーム費用は、高いということがわかりますね。

入居金が0円∼200万円、月額費用が18万円前後と一般的な費用の施設もあれば、入居金数千万円・月額費用20万円以上といった高級老人ホームも目立ちます。

もちろん、高級老人ホームでは24時間看護士常駐やペット可など、充実したサービスが提供されています。

さまざまなタイプの老人ホームがあると、費用・設備など気になるポイントからニーズに合わせて考えられるのでありがたいですよね。

【市区町村別】老人ホームの費用相場

京都府全体の料金相場をみてきましたが、同じ京都府でも市区町村によって相場は変わってきます。

アクセスがよかったり、利便性があったりすると料金が高くなるからです。

私たちが住んでいる住宅でも、人気のエリアのほうが家賃は高くなりますよね。

老人ホームも同様というわけです。

では、京都府にある老人ホームの費用相場を市区町村別にみていきましょう。

市区町村 入居金 月額費用
京都市 198.9万円 18.8万円
京都市北区周辺 102.2万円 18.9万円
京都市上京区周辺 71.7万円 18.5万円
京都市左京区周辺 151.7万円 18.4万円
京都市中京区周辺 365.1万円 21.5万円
京都市東山区周辺 577.2万円 23.7万円
京都市下京区周辺 354.6万円 21.0万円
京都市南区周辺 357.8万円 20.1万円
京都市右京区 372.3万円 20.2万円
京都市伏見区周辺 33.9万円 15.6万円
京都市山科区周辺 168.9万円 18.3万円
京都市西京区周辺 29.8万円 18.2万円
福知山市周辺 23.7万円 13.5万円
舞鶴市周辺 44.3万円 15.1万円
綾部市周辺 27.1万円 14.7万円
宇治市周辺 14.1万円 15.2万円
宮津市周辺 24.4万円 14.0万円
亀岡市周辺 555.2万円 21.6万円
城陽市周辺 26.9万円 13.1万円
向日市周辺 49.8万円 17.6万円
長岡京市周辺 49.8万円 17.6万円
八幡市周辺 96.5万円 16.2万円
京田辺市周辺 91.0万円 14.0万円
京丹後市周辺 22.4万円 12.8万円
南丹市周辺 553.2万円 21.2万円
木津川市周辺 54.7万円 15.4万円
乙訓郡大山崎町周辺 357.7万円 19.6万円
久世郡久御山町周辺 29.0万円 15.7万円
綴喜郡井手町周辺 91.0万円 14.0万円
綴喜郡宇治田原町周辺 17.2万円 13.9万円
相楽郡笠置町周辺 45.0万円 13.7万円
相楽郡和束町周辺 20.7万円 13.2万円
相楽郡精華町周辺 54.7万円 15.4万円
相楽郡南山城村周辺 18.9万円 12.9万円
船井郡京丹波町周辺 541.9万円 19.9万円
与謝郡伊根町周辺 12.3万円 13.2万円
与謝郡与謝野町周辺 23.2万円 13.3万円

引用元 みんなの介護:京都府の老人ホームの相場を見る

同じ京都府内でも、市区町村によってかなり費用に幅がありますね。

しかし、費用に幅があるということは、京都府内で老人ホームが選びやすいということです。

老人ホームに入居するにあたって、現在住んでいる自治体の施設にしか入れないといったルールはありません。(※地域密着型施設を除く)

ですので、予算に合わせて老人ホームのエリアを選ぶというのもひとつの手ですよ。

現在住んでいる地域以外にも視野を広げて、老人ホームを探してみてください!

老人ホーム費用を抑えたいなら「公的施設」を利用しよう!

京都府の老人ホームは費用が高いということがわかりましたが、費用を抑える方法もあります。

それは、公的施設の老人ホームを利用するということです。

老人ホームには「公的施設」と「民間施設」があり、運営元によって区分されています。

公的施設は国や自治体などの公的機関が運営しており、民間施設は民間企業が運営しています。

そのため、公的施設のほうが安く利用できるのです。

倒産の心配もありませんので、長期的に利用することも可能ですよ。

公的施設には、

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養型医療施設
  • 軽費老人ホーム(ケアハウス)

の4つがあります。

老人ホーム費用を少しでも抑えたいと考えている人は、この4つの施設を利用するといいでしょう。

公的施設については、以下の記事で詳しく説明しているので、併せて読んでみてください。

費用が安い老人ホームのおすすめ4選!【入り方やサービス内容も紹介】
老人ホームを利用しなければならなくなったときに、できるだけ安く済ませたいと思いませんか? 入居金や月額が気になり、『老人ホームで暮らしていくことは可能なんだろうか…。』と不安に感じる方も少なくありません。 今回の記事では、老人ホ...

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

京都府にある老人ホームの費用については理解していただけたでしょうか?

京都府の老人ホーム費用相場は高いですが、公的施設を利用することでオトクに利用できるということがわかりましたね。

公的施設は費用が安いゆえに人気があるので、長い入居待ち期間を要することもあります。

そのため、早い段階から申し込みしておくことが大切でしょう。

親が元気なうちに、老後について話し合っておくことをオススメします。

素敵な老人ホームに出会えることを、心より祈っています!

特養に早く入れる方法を公開!裏ワザを使ってご近所さんより先に入所しよう!
老人ホームの種類はたくさんありますが、その中でも圧倒の人気を誇りのは特別養護老人ホーム(特養)ですよね。 公的施設で費用も安く、終身利用することも可能ですので、多くの人が利用を検討していると思います。 しかし、特養の最大のデメリ...
タイトルとURLをコピーしました