サービス付き高齢者向け住宅の費用はどのくらい?【サービス内容も紹介】

老人ホームの費用

『サービス付き高齢者向け住宅に入居を考えているのですが、どのくらいの費用が掛かりますか?』

『老人ホームを探していて、サービス付き高齢者向け住宅を知りました。サービス内容や設備について教えてください。』

サービス付き高齢者向け住宅に入居を考えている方から、このような相談をされました。

サービス付き高齢者向け住宅に入居したいと考えても、どのくらいの費用が掛かるかわからなければ、入居を決められませんよね。

今回の記事では、サービス付き高齢者向け住宅に入居する際に掛かる費用や月額料金の説明をします。

その後、サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容やほかの老人ホームとの比較をしているので、ぜひ参考にしてください。

サービス付き高齢者向け住宅とは?

サービス付き高齢者向け住宅は、高齢化の方が集まって生活するための老人ホームです。

簡単に言えば、高齢者の方向けの集合住宅ですね!

民間企業が経営している老人ホームなので、施設ごとにサービス内容が異なっていることがあります。

また、サービス付き高齢者向け住宅には一般型と介護型の2種類あります。

介護型には、介護サービスがあり、一般型には介護サービスがないというだけです。

サービス付き高齢者向け住宅の入居条件

サービス付き高齢者向け住宅に入居するためには以下の条件を満たしている必要があります。

  • 60歳以上の高齢者
  • 60歳未満の要介護認定者

このどちらかを満たしていれば、サービス付き高齢者向け住宅に入居することが可能です。

また、サービス付き高齢者向け住宅には同居人と一緒に暮らすことが可能です。

同居できる人の条件は、

  • 配偶者
  • 60歳以上の親族
  • 要支援・要介護認定されている親族

です。

夫婦で入居できる数少ない老人ホームのうちの一つがサービス付き高齢者向け住宅です。

夫婦で最期まで一緒にいたいと考えている方はサービス付き高齢者向け住宅への入居を考えてみるといいでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅の費用・料金はどれくらい?

ここからは、サービス付き高齢者向け住宅の費用について解説します。

サービス付き高齢者向け住宅の費用は、月額料金と入居金の2種類です。

一つずつ確認していきましょう。

月額料金

サービス付き高齢者向け住宅の月額料金は、一般型と介護型で異なっています。

月額料金
一般型 5~20万円
介護型 15~30万円

このような料金体系となっているので、確認しておきましょう!

入居金

サービス付き高齢者向け住宅の入居金も、一般型と介護型で異なっています。

入居金
一般型 数十万円
介護型 数百万円以上

やはり、介護型であると入居金が高くなってしまいますね。

一般型が安い理由としては、賃貸借契約で敷金としての金額だからです。

介護型は、介護付き有料老人ホームやグループホームなどと同じく、一時入居金としての支払いなので費用が高くなっています。

これらの費用の内訳は、

  • 家賃
  • 人件費
  • 管理費
  • 居住費
  • 食費
  • 介護サービス費(介護型)
  • 生活用品
  • その他

このようになっています。

サービス付き高齢者向け住宅で受けられるサービス

ここからは、サービス付き高齢者向け住宅で受けられるサービスについて解説します。

サービス付き高齢者向け住宅に入居を考えている方にとっては、重要な内容なのでしっかりと読んでおきましょう。

設備内容

サービス付き高齢者向け住宅を建てる時に、必ず必要な設備というのは決められています。

  • 居室
  • 介護室
  • 食堂
  • 台所
  • トイレ
  • 洗面所
  • 浴室
  • バリアフリー構造

ほかの老人ホームでは義務付けられていない点としては、『バリアフリー構造』という点ですね。

このほかにも、設備があるサービス付き高齢者向け住宅もあるので、気になる方は入居したいと考えている施設に尋ねてみましょう。

サービス内容

安否確認や生活相談が毎日数時間おきに行われます。

生活相談では、生活するうえで困っていることを何でも相談していい場なので、住みやすさを追求することが可能です。

また、数時間おきに安否確認を行ってくれるので、もし何かあった場合にもすぐに対応してもらえる点が良いですね!

介護型であれば、安否確認や生活相談に加えて介護サービスを受けることができます。

ただし、ほかの老人ホームと違う点としては、洗濯や掃除などは自分でやる必要があるという点です。

外部のサービスを利用することも可能なので、必要に応じてサービスを利用しましょう。

サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット

サービス付き高齢者向け住宅にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

老人ホームを選ぶことは大きな決断になるので、後悔がないようにしっかりと読んでおきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅のメリット

  • バリアフリー化されていて住みやすい
  • 自由が多い
  • 介護付き有料老人ホームと比べて費用が安い

サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

  • 介護付き有料老人ホームと比べると介護サービスに差がある
  • 重度の要介護者になってしまうと住み続けることができない
  • 夜間の見回りが薄い

ほかの施設との違い

ここまで、介護付き有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅を比較しきましたが、大きな違いといえば、自由度の差でしょう。

サービス付き高齢者向け住宅はプライベートもしっかりと守られていて、自由な行動をすることが可能です。

サービス付き高齢者向け住宅は、自由度が高い分高度な介護サービスを受けることはできません。

高度な介護サービスを求めているのであれば、介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホームを利用したほうがいいでしょう。

まとめ

サービス付き高齢者向け住宅についていろいろな解説をしてきました。

もう一度費用についてのおさらいをしておくと、

  • 月額料金は15~30万円程度
  • 入居金は数百万円程度

です。

ぜひ老人ホーム選びの参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました