住宅型有料老人ホームの費用はどのくらい?【サービス内容も紹介】

老人ホームの費用

『住宅型有料老人ホームに入居を考えているのですが、費用について教えてください。』

住宅型有料老人ホームに入居を考えている方から、このような相談をされました。

老人ホームに入居しようと考えている方は、このような悩みを抱えていることが多いです。

なので、今回の記事では住宅型有料老人ホームに入居する際に掛かる費用や月額料金の説明をします。

その後、住宅型有料老人ホームのサービス内容やほかの老人ホームとの比較をしているので、ぜひ参考にしてください。

老人ホームの費用はどのくらい必要?【表でわかりやすく解説】
老人ホームへの入居を検討している方であれば、「どのくらいの費用がかかるのだろう?」不安に思いますよね。結論から言ってしまうと、施設によって値段はさまざまです。老人ホームには、大きく『公的施設』と『民間施設』に分けることができます。一言で言っ
\ 完全無料 /↓カンタン1分入力で老人ホーム選びをプロに相談↓
  • ステップ1/7
ご希望の入居エリア
ご希望の入居時期
1ヶ月あたりの上限予算
氏名
性別
年齢
介護度
ご相談者様の氏名
携帯電話番号
メールアドレス
入居予定者とのご関係
その他ご要望

個人情報の取り扱い」「利用規約」に同意する

住宅型有料老人ホームとは?

住宅型有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームと同じく、民間企業が経営している老人ホームです。

主に自立している方が入居する老人ホームで、介護サービスはありません。

入居時は自立できていて、入居後に要介護認定されてしまっても外部の介護サービスを使うことで住み続けることが可能です。

柔軟性が高い老人ホームなので、とても人気があります。

老人ホームの種類と特徴を解説【施設選びに迷っている方必見!】
『老人ホームの種類が多すぎてどうやって選べばいいか分からない…。』『お金をあまり掛けたくないのだけれど、どうしたらいいの?』親の在宅介護に限界を迎えて、老人ホームに入れようと考えた方も多いですよね。老人ホームにはたくさん種類があり、...

住宅型有料老人ホームの入居条件

住宅型有料老人ホームに入居するために必要な条件は、60歳以上の高齢者という点だけです。

ただ、重度の要介護者や入居時から要介護認定されている方だと、入居を拒否されてしまう可能性があります。

あくまでも、入居時に自立している方が対象の老人ホームだということを理解しておきましょう!

老人ホームには何歳から入居できるの?探し始めるなら元気なうちに!
老人ホームの入居条件として、主に「年齢」「要介護度」「医療依存度」「保証人・身元引受人の有無」「収入」などがチェックされます。 その中でも今回は、入居できる「年齢」について詳しく説明していきます! 「老人ホームには何歳から入居で...

住宅型有料老人ホームの費用・料金はどのくらい?

住宅型有料老人ホームに入居する際には、月額料金と入居金の2種類の費用が掛かります。

一つずつ具体的な金額を解説しますね!

月額料金

まずは月額料金から解説します。

住宅型有料老人ホームの月額料金は、『15万円~30万円』程度です。

介護付き有料老人ホームと比べると少し安いですが、それでも他施設と比べると高い印象がありますね!

これらの費用の内訳は、以下の通りです。

  • 家賃
  • 人件費
  • 管理費
  • 居住費
  • 食費
  • 生活用品
  • 介護サービス費
  • その他

介護サービス費は、1割∼3割を自己負担で支払うことになます。

所得などによって自己負担額は変わってきますので、事前に確認しておくようにしましょう。

介護保険制度とは?受けられるサービスや保険料など徹底解説!
介護保険制度とはどのような制度がご存知でしょうか? 40歳以上の方であれば全員が支払っている介護保険料ですが、中には『支払っているのは知っているけど、どんな制度なのか深くは知らない』という方も多くいらっしゃいます。 今回の記事で...

入居金

次は入居金の解説です。

住宅型有料老人ホームの入居金は、『0~数千万円』です。

数千万円の住宅型有料老人ホームはいわゆる「高級老人ホーム」の類ですので、安心してください。

ただ、平均的にみると数百万円は必要となるので、高いと感じる方は多いでしょう。

入居金は返還されることもある!

住宅型有料老人ホームの入居金は、退去時に一部返還されることがあります。

入居金には償却期間と償却率が定められており、期間内に退去した場合は一部の金額が返還されるのです。

ただし国から返還金についてルールが定められているわけではないので、償却期間・償却率は住宅型有料老人ホームによって異なります。

入居予定の施設が償却についてどのようなルールを設けているのか、事前に確認しておくようにしましょう。

返還金の詳しい計算方法については、以下の記事をチェックしてみてください!

有料老人ホームに入る際の入居金はどのくらいかかる?【支払う意味は?】
『気になっている老人ホームがいくつかあるのですが、入居金0円のところと入居金300万円のところがあります。どのように違うのですか?』老人ホームを探していると、『入居金』がなぜ必要なのかわからないという方がいます。また、上記の質問のように入居

住宅型有料老人ホームで受けられるサービス

ここからは、住宅型有料老人ホームで受けられるサービスについて解説します。

住宅型有料老人ホームに入居を考えている方にとっては、重要な内容なのでしっかりと読んでおきましょう。

設備内容

住宅型有料老人ホームを建てる時に、必要な設備というのは決められています。

  • 居室(相部屋・個室・夫婦室)
  • 食堂
  • 台所
  • トイレ
  • 洗面所
  • 浴室
  • 娯楽施設
  • 利用設備

住宅型有料老人ホームにはこのような設備が設置されています。

ただ、住宅型有料老人ホームは民間企業が経営している老人ホームなので、施設ごとに設備内容が異なっている場合があります。

詳しい設備内容に関しては、入居したいと考えている住宅型有料老人ホームに尋ねてみることをおすすめします。

サービス内容

住宅型有料老人ホームは、介護サービスはありません。

提供されるサービスは、

  • 日々の見守り
  • 食事
  • 洗濯
  • 掃除
  • リハビリ
  • カウンセリング

です。

介護サービスが必要なのであれば、介護付き有料老人ホームに入居しましょう!

住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

住宅型有料老人ホームにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

老人ホームを選ぶことは大きな決断になるので、後悔がないようにしっかりと確認しておきましょう!

住宅型有料老人ホームのメリット

  • 介護付き有料老人ホームよりも安価
  • 必要なサービスを選んで受けることが可能(外部)
  • 夫婦で暮らすことも可能

住宅型有料老人ホームのデメリット

  • 介護サービスがないので外部で補おうとすると、介護付き有料老人ホームよりも費用が高くなってしまうことがある
  • 重度の要介護認定をされてしまうと住み続けることはできない

ほかの施設との違い

やはり比べるべき老人ホームと言えば、介護付き有料老人ホームでしょう。

大きな違いといえば、介護サービスが受けられるか、受けられないかですね。

介護がサービスを元から必要としているのであれば、介護付き有料老人ホーム一択ですが、将来的に自立できなくなりそうという方はどちらを選んでいいかわからないですよね。

結論から言ってしまえば、今はまだ自立できているのであれば住宅型有料老人ホームを選びましょう!

引っ越すのが面倒に感じるかもしれませんが、介護が必要になるとも限りません。

まずは住宅型有料老人ホームに入居して様子を見るというのも一つの手ですよ!

介護付き有料老人ホームの人気ランキング!失敗しない施設の選び方も紹介!
高齢になるにつれ、老人ホームへの入居を検討し始めますよね。 老人ホームには様々な種類がありますが、「入居をするなら手厚い介護サービスが受けられる施設がいい!」と思う人も多くいるでしょう。 そんなあなたにピッタリなのが、介護付き有...

まとめ

住宅型有料老人ホームについていろいろな解説をしてきました。

もう一度費用についてのおさらいをしておくと、

  • 月額料金は15万円~30万円程度
  • 入居金は0~数千万円程度

です。

ぜひ老人ホーム選びの参考にしてください!

老人ホームの選び方を徹底的に解説!【失敗しないために必要なこと】
『老人ホームはどのようにして選べばいいですか?』 『後悔したくないの、老人ホームを選ぶ際に注意する要素を教えてくれませんか?』 老後の大半の時間を老人ホームで過ごす...
\ 完全無料 /↓カンタン1分入力で老人ホーム選びをプロに相談↓
  • ステップ1/7
ご希望の入居エリア
ご希望の入居時期
1ヶ月あたりの上限予算
氏名
性別
年齢
介護度
ご相談者様の氏名
携帯電話番号
メールアドレス
入居予定者とのご関係
その他ご要望

個人情報の取り扱い」「利用規約」に同意する

タイトルとURLをコピーしました