老人ホームには何歳から入居できるの?探し始めるなら元気なうちに!

介護崩壊 日本-老人に手を添える介護スタッフ 老人ホームの基礎知識

老人ホームの入居条件として、主に「年齢」「要介護度」「医療依存度」「保証人・身元引受人の有無」「収入」などがチェックされます。

その中でも今回は、入居できる「年齢」について詳しく説明していきます!

「何歳から老人ホームに入居できるの?」
「何歳から老人ホームを探し始めればいいの?」
といった疑問にお答えしていきます!

また、早いうちから入居できる老人ホームも紹介しています!

早期リタイアをして、老後はゆっくり老人ホームで過ごしたいと考えている人も必見です!

老人ホームの入居年齢【施設別】

老人ホームの入居条件のひとつである「年齢」を、施設別にまとめました。

施設によって入居年齢は変わってくるので、一緒に確認していきましょう。

施設 年齢
介護付き有料老人ホーム 65歳以上
住宅型有料老人ホーム 60歳以上
サービス付き高齢者向け住宅 65歳以上
認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 65歳以上
特別介護老人ホーム 65歳以上
介護老人保健施設 65歳以上
介護療養型医療施設 制限なし
軽費老人ホーム(ケアハウス) 65歳以上

60歳~65歳が一般的に入居可能

先ほどの表を見て分かる通り、ほとんどの老人ホームで65歳以上の人が入居を認められています。

介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホームでは、一般的に60歳~65歳から入居できるとされています。

グループホームや特別養護老人ホームでは原則65歳以上が入居条件になっており、それに加え要支援や要介護なども条件に含まれてきます。

民間の有料老人ホームの入居可能年齢は「原則」ですので、交渉次第では年齢が満たない場合でも入居できる可能性もあります。

60歳未満でも入居可能な施設はあるの?

老人ホーム 何歳から-介護施設

60歳未満でも入居可能な施設はあります。

しかし、60歳未満だと要介護認定や追加料金などが必要な場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

60歳未満でも入居できる施設は以下の6つです。

  • 高齢者向けマンション
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム

施設ごとに年齢以外の入居条件が少し異なってきますので、一緒に確認していきましょう。

高齢者向けマンション

高齢者向けマンションは、60歳未満でも入居することが可能な施設です。

普通のマンションと同じなので、介護などの身の回りのサポートは基本的にありません。

「安否確認」「生活相談」のサービスが受けられるのみです。

マンションによっては、買い物代行サービスなどのサービスを行っている施設もあります。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、60歳未満で介護認定を受けている人が入居することのできる施設です。

主なサービス内容は、「食事」「掃除」「生活支援」「入浴」「排泄支援」「リハビリ」「レクリエーション」です。

入居基準は、施設によって異なるので、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームも、60歳未満で介護認定を受けている人が入居できる施設です。

提供している主なサービスは、「食事」「掃除」「生活支援」「入浴」「排泄支援」「リハビリ」「レクリエーション」と、介護付き有料老人ホームと変わりません。

介護付き有料老人ホームとどこが違うのかというと、ある程度自立できている高齢者を対象としているところです。

もし、自立していた人が介護を必要とする状況となった場合、外部の介護サービスを契約して在宅介護を受けることができます。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、40歳~64歳の特定疾病が認められ、なおかつ介護認定を受けている人が入居できる施設です。

医療スタッフや介護スタッフが常駐しており、「安否確認」と「生活相談」を数時間おきに行ってくれます。

夫婦共同で暮らすことのできる部屋もあり、施設自体がバリアフリー仕様になっているので安心して暮らすことができます。

施設によって異なりますが、温泉などが設置されている施設もあるので、入居者同士でコミュニケーションを取ることも可能です。

介護老人保健施設

介護老人保健施設も、40~64歳の特定疫病が認められ、なおかつ介護認定を受けている人が入居できる施設です。

老後を快適に過ごすというよりも、在宅復帰を目指すための施設になっています。

在宅復帰に必要なリハビリを受けることができます。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームも、40~64歳の特定疫病が認められ、なおかつ介護認定を受けている人が入居できる施設です。

身の回りことができなくなった人が入居する施設のため、身の回りのサポートが主なサービスとなっています。

「食事」「掃除」「生活支援」「入浴」「排泄支援」「リハビリ」「健康管理」などを、介護スタッフが行ってくれます。

404 NOT FOUND | 老人ホームマスターガイド

老人ホームの平均入居年齢は?

老人ホームの平均入居年齢は、80歳~90歳です。

入居する人の目的は介護を受けるだけでなく、今後の生活の場所として老人ホームを選ぶ人が多いのです。

過去に自分が介護を経験して、自分の子供に同じ思いをさせたくないから入居するという考えの人もいます。

入居した方の平均入居期間は約3年3ヵ月です。(※介護付き有料老人ホームの場合)

老人ホームは何歳から探し始めればいいの?

老人ホーム探しに「○歳から始めるべき!」といった正解はありません。

将来、老人ホームへの入居を考えている人は、とにかく元気なうちに開始するようにしましょう。

老人ホームの見学は、大体1件90分前後かかります。

1日に何件も見学するとなったら、相当な体力が必要です。

また、見学から入居までには1ヵ月半~2ヵ月程度かかります。

「今すぐ入居したい!」と思って老人ホームを探し始めても、すぐに入居することはできません。

老人ホームの情報を集め、見学をして、決定した後は入居の準備…。

入居までの一連の作業は、年齢を重ねるほど大変になってきますし、老人ホームの決定には判断力も必要です。

ですから、時間に余裕をもって元気なうちに探し始めることをオススメします。

元気なうちって具体的に何歳くらい?

大体75歳くらいです。

日本人の平均寿命は73歳くらいで、要介護状態の人は75歳過ぎたあたりから増え始めます。

そのような情報から、「元気なうち」を具体的な年齢で指し示すのであれば、75歳というわけです。

しかし、老人ホームへの入居目的によってはもっと早い段階で探し始めなければならない場合もあります。

老人ホームの対象年齢は60歳からであり、近年では早期リタイアをして早いうちに老人ホームに入りたいという人もいます。

そのような人は、60歳前後から老人ホームを探し始めるのがいいでしょう。

早い段階から老人ホームで老後を過ごしたいと考えている人には、自立型老人ホームがオススメです。

老人ホームを探し始めるタイミングは?

老人ホーム 何歳から-スマホをみるシニア夫婦

「どのようなきっかけで、老人ホームを探し始めたらいいのかわからない。」

という人もいるでしょう。

そのような人のために、多くの人が老人ホームを探し始めるタイミングを紹介します。

在宅での介護を続けるのが厳しいとき

家族が在宅で介護している家庭は多くあります。

しかし、在宅介護は家族の負担が非常に大きくなります。

介護者が日中仕事をしている場合は、仕事と介護の両方を行うことで体力の限界を感じ、ストレスが溜まります。

筆者も在宅介護を経験したことがありますが、祖母の体調が優れない日は寝ずに看病したこともあり、体力的にも精神的にも限界を感じました…。

最近では、介護のストレスから虐待をしてしまうというニュースもよく耳にします。

在宅介護が困難になる状況が見込まれるのであれば、老人ホームへの入居を検討しておくといいでしょう。

あらかじめ老人ホームの見当をつけておくなど、早めに準備をしておくことをオススメします。

病院などから退院するとき

病気が良くなり退院しても、介護や継続的な治療が必要となる場合もあります。

そのような場合は、介護老人保健施設(老健)に入居することも可能です。

しかし、老健は原則3ヵ月しか入居することができません。

病院や老健を退院したあと、家族が在宅で介護することもありますが、うまくいかない場合も多くあります。

在宅介護で医療ケアが必要な場合、病院などにあるリクライニング式ベットを設置しなければいけません。

このベットの導入は大きくて場所も取るし、費用もかかって大変なんです。

介護と費用の負担がダブルで襲い掛かるため、退院後の在宅介護はうまくいかないことが多いんですね。

ですから、退院後そのまま老人ホームに入居するという選択肢も視野に入れて、入院中から話し合いを進めておきましょう。

周囲に迷惑をかけたくないと感じ始めたとき

最近では、「周囲に迷惑をかけたくない」「老後の過ごし方は自分で決めたい」と考える人が増えてきています。

家族に心配や迷惑をかける前に、老人ホームに入居しておきたいと考え、入居を決める人が多いのです。

元気なうちであれば、自分で見学をし入居する施設を決めることができるのがメリットではないでしょうか。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

老人ホームは何歳から探し始めなければいけないという決まりはありませんが、元気のある早い段階で見当をつけておくことをオススメします。

見当をつけておき、入居したいと思ったらすぐに入居することで、他の入居者や施設のスタッフとの関係構築の時間が増えるからです。

関係性を良くしておくことで、いざ介護が必要となったときお互いスムーズに接することができます。

スムーズに接することができるだけで、入居中のストレスも減り、快適な老人ホームライフに繋がるのではないでしょうか?

ぜひ、元気なうちに老人ホーム探しを始めてみてください!

タイトルとURLをコピーしました