ケアハウスの費用はどのくらい?【サービス内容も紹介】

老人ホームの費用

『ケアハウスに入居を考えているのですが、どのくらいの費用が掛かりますか?』

『老人ホームを探していて、ケアハウスを知りました。どんなところなのか教えてもらえませんか?』

ケアハウスに入居を考えている方から、このような相談をされました。

老人ホームに入居したいと思っても、どのくらいの費用が必要になるのか、わからなければ入居できないですよね。

今回の記事では、ケアハウスに入居する際に掛かる費用や月額料金の説明をした後に、ケアハウスについて詳しい解説します。

ケアハウスへ入居を考えている方はぜひ参考にしてください。

ケアハウスとは?

ケアハウスとは、家族による金銭面の援助が難しく、介護が必要な高齢者の方が入居することができる老人ホームです。

ケアハウスは軽費老人ホームとも言われます。

そして、ケアハウスには以下の三種類のタイプがあるので覚えておきましょう。

タイプ サービス内容
A型 介護サービスはなく、身の回りのお世話をしてもらえる
B型 介護サービスはなく、身の回りのお世話をしてもらえる(食事がついていない)
C型 身の回りのお世話に加えて、介護サービスも受けられる

因みにですが、A型、B型の老人ホームは1990年以降には新設されていないので、ほとんどがC型ということになります。

ケアハウスの入居条件

ケアハウスに入居できる方には様々な条件があります。

  • 60歳以上の高齢者(A,B型)
  • 65歳以上の高齢者で要介護1以上(C型)
  • 自立した生活に不安がある方
  • 家族に金銭的な面で援助をしてもらえず、介護付き有料老人ホームに入居できない方

これらの条件を満たしている方が、ケアハウスに入居することができます。

ケアハウスは公的施設なので、ほとんどの施設でこれらの条件が適用されています。

民間施設ほどの柔軟性はないので、注意しましょう!

ケアハウスの費用・料金はどれくらい?

ここからは、ケアハウスの費用について解説します。

まずケアハウスは公的施設なのですが、初期費用が掛かる老人ホームです。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設のように入居金が必要ない老人ホームとは違うので気を付けてください。

月額料金

まずは月額料金からお話していきましょう。

まずは、A,B型のケアハウスの月額料金ですが、『6万円~15万円』程度です。

内訳としては、

  • 家賃
  • 人件費
  • 管理費
  • 居住費
  • 食費(Bは自炊代)
  • 生活用品
  • その他

このようになっています。

次はC型(介護付き)の月額料金ですが、『6万円~20万円』程度です。

内訳としては、

  • 家賃
  • 人件費
  • 管理費
  • 居住費
  • 食費
  • 介護サービス費
  • 生活用品
  • その他

このようになっています。

A,B型と比べても料金に大差はありませんね。

比べる対象として、介護付き有料老人ホームの月額料金を紹介しておきます。

介護付き有料老人ホームの月額料金は、『20万円~30万円』程度です。

介護付き有料老人ホームとケアハウスを比べればケアハウスがどれだけ安いかわかりますね!

軽費老人ホームと言うだけはあります!

入居金

次は入居金について解説します。

ケアハウスに入居するために必要な入居金は、『0~30万円』です。

ほかの老人ホームと比べるとかなり安いですね。

公的施設なので、国や自治体から助成金が出ているという点も大きいですね。

まあた、介護付き有料老人ホームの入居金を紹介しておきます。

介護付き有料老人ホームの入居金は、『0~数百間円』です。

どの老人ホームでも入居金0円という場所はありますが、月額料金が高くなっている場合があるので注意が必要です。

ケアハウスで受けられるサービス

ここからは、ケアハウスで受けられるサービスについて解説します。

ケアハウスに入居を考えている方にとっては、重要な内容なのでしっかりと読んでおきましょう。

設備

ケアハウスを建てる時に、必ず必要な設備というのは決められています。

  • 居室
  • 介護室
  • 食堂
  • 台所
  • トイレ
  • 洗面所
  • 浴室
  • リハビリ施設

これらの設備が、ケアハウスを建てる時に義務付けられているものです。

なので、これらの設備は整っていると思っていいでしょう。

詳しく聞きたい場合は、入居したいと考えているケアハウスに直接尋ねてみましょう!

サービス内容

A,B型では、洗濯や買い物、掃除など、身の回りのお世話をしてもらうことができます。

一方で、C型であればA,B型のような身の回りのお世話に加えて、入浴介護や食事介護のような介護サービスを受けることが可能です。

ケアハウスのメリット・デメリット

ケアハウスにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

すべてを知ったうえで老人ホームを選んでほしいので解説しますね!

ケアハウスのメリット

  • 介護付き有料老人ホームと比べて安い
  • 要介護度が上がっても住み続けることが可能
  • 身の回りのことを考えなくて済む

ケアハウスのデメリット

  • プライベートがなくなってしまう
  • 食事は出されたものを食べるしかない
  • 入居までに長い時間が掛かる

ほかの施設との違い

ケアハウスは軽費老人ホームとも言われるように、費用の安さが一番大きな点でしょう。

また、介護付き有料老人ホームとは違い、ケアハウスは公的施設です。

サービス内容の違いは特になく、ただ軽費で住むことができる老人ホームだと思ってもらえればOKです!

まとめ

ケアハウスについていろいろな解説をしてきましたが、理解することができたでしょうか?

また、もう一度費用についてのおさらいをしておくと、

  • 月額料金は6~20万円程度
  • 入居金は0~30万円程度

です。

ぜひ老人ホーム選びの参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました