グループホームの費用はどのくらい?【サービス内容も紹介】

老人ホームの費用

『グループホームに入居したいと考えているのですが、予算の検討が付いていません。詳しく教えてもらえませんか?』

グループホームに入居を考えている方から、このような相談をされました。

確かに、老人ホームへの入居を考えたときに費用がどのくらい掛かるのか、疑問に思いますよね。

今回の記事では、グループホームに入居する際に掛かる費用や月額料金の説明をした後に、グループホームについて詳しい解説します。
グループホームへ入居を考えている方はぜひ参考にしてください。

グループホームとは?

そもそも、グループホームってどんなところ?という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

なので、まずは簡単にグループホームの説明をしますね!

グループホームとは、認知症対応型共同生活介護のことを指しています。

名前の通り、認知症の方が介護をしてもらいながら共同生活を送る老人ホームです。

グループホームでは、入居人数が5~9人と決められていて、比較的少人数での生活を送ることになります。

レクリエーションやイベントを頻繁に行ってもらえるので、認知症ケアとなることもあります。

ただし一つだけ注意する点として、グループホームは地域密着型老人ホームなので、施設がある地域と同じ自治体に住んでいる方でないと入居することができないです。

この点だけはしっかりと覚えておきましょう!

グループホームの入居条件

グループホームの入居条件は以下の5項目です。

  • 65歳以上の高齢者
  • 要介護と認定されている
  • 認知症の診断を受けている
  • グループホームと同じ市区町村の住民票がある
  • 感染症を持っていたり、ほかの人に迷惑をかけたりしない

グループホームに入居するのであれば、これらすべての条件を満たしている必要があります。

ただし、グループホームは民間施設が経営している老人ホームなので、施設ごとに条件が異なっている場合もあります。

なので、入居したいグループホームに直接入居条件を聞くことがおすすめです。

グループホームの費用・料金はどのくらい?

本題に入るまでに大変お待たせいたしました。

グループホームの費用についての答えをお話しします!

まず、グループホームに入居するとなれば、月額料金と入居金の2種類の費用が必要となります。

この二つの料金について詳しく解説してしますね。

月額料金

まずは月額料金について解説します。

グループホームでの月額料金は『20万円~30万円』程度掛かります。

この費用の内訳は、

  • 家賃
  • 管理費
  • 居住費
  • 食費
  • 介護サービス費
  • 生活用品
  • その他

このようになっています。

『20万円~30万円』のように費用にバラツキがあるのは、立地や設備の良さ、サービス内容によって施設ごとに異なっているからです。

詳しい月額料金は、入居したいと考えている老人ホームに直接尋ねましょう。

入居金

次は、入居金についての解説をします。

グループホームでの入居金は『0円~100万円』程度掛かります。

『入居金ってなんのお金?』と思う方もいるでしょう。

入居金というのは、『敷金』のようなものです。

また、支払っておくことで月々の料金が減ります。

入居金を支払うことで月額が減ると言っても、入居時に100万円も一括で支払うのは難しいという方は、入居金が掛からないところを狙いましょう。

また、入居金には分割払いのような制度もあるので、まずは老人ホームに相談してみることをおすすめします!

グループホームで受けられるサービス

ここからは、グループホームで受けられるサービスについて解説します。

ここでお話しする内容は、グループホームの設備とサービス内容についてです。

グループホームに入居を考えている方にとっては、重要な内容なのでしっかりと読んでおきましょう。

設備

グループホームを立てる時に、なくてはならない設備というのは決められています。

  • 居室
  • 食堂
  • 台所
  • トイレ
  • 洗面所
  • 浴室

これらの設備は確実に揃っています。

これ以外にも設備が備わっていることがあるので、気になる方は見学に行って確かめるといいでしょう。

老人ホームを見学するときに見るべき”6”つのポイント【見学は必ずしよう!】
『入居したいと思える老人ホームに出会えました。見学はまだしていないのですが、したほうがいいのでしょうか?』 『老人ホームの見学に行きたいと思っています。見るべきポイントを教えてく...

サービス内容

サービス内容は、入浴や食事の介護などの一般的な介護内容です。

また、認知症ケアとして、リハビリやレクリエーション、イベントを行っています。

介護士については、入居者3人に対して1人の配置義務があり、夜間であれば介護士は1人と義務付けられています!

医師や看護師についての配置義務はないですが、一週間に何度か医師が訪問する施設が多いです。

また、施設によっては看護師を配置しているところもあるので、『看護師もいたほうが安心できる』という方は、看護師を配置しているグループホームを探してみましょう。

グループホームのメリット・デメリット

グループホームのメリット・デメリットについて解説してきます。

グループホームのメリット

  • 認知症の方が手厚い介護を受けられる
  • 少人数なので安心して暮らすことができる

グループホームのデメリット

  • 認知症以外の方が入居することがおすすめできない
  • 少人数なので、トラブルが起きてしまったときに居心地が悪くなってしまう
  • 看護師の配置義務がない

ほかの施設との違い

一番大きな点としては、認知症の方が入居できるという点ですね。

ほかの老人ホームでも認知症の方を受け入れているところもありますが、グループホームであれば、入居者のほとんど全員が認知症なので安心です。

また、少人数という点も珍しいですね。

ほかの老人ホームであれば100人いてもおかしくはありません。

必然的に介護士との距離が近くなるのもいい点ですね!

まとめ

グループホームについて理解していただけたでしょうか?

もう一度費用についてのおさらいをしておくと、

  • 月額料金は20~30万円程度
  • 入居金は0~100万円程度

です。

ぜひ老人ホーム選びの参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました