高価な老人ホームと安価な老人ホームの違いとは?【月額費用の差】

老人ホーム 自己負担-老人ホーム安価高価 老人ホームの費用

『老人ホームへの入居を考えているのですが、月額費用に大きな差があるのはなぜでしょうか?』

『入居金が必要な老人ホームと必要ない老人ホームがあるのはどうしてでしょうか?』

老人ホームへの入居を考えていると、高価な老人ホームと安価な老人ホームを見かけることが多いと思います。

費用の差が大きい為、上記のような疑問を持つ方が多いです。

今回の記事では、これらの悩みを解決できるように書いています。

ぜひ参考にしてください。

高価な老人ホームと安価な老人ホームの違いとは?

老人ホームには、公的施設と民間施設の2種類があることはご存知でしょうか。

この『公的施設』と『民間施設』という枠組みで費用が大きく変わっています。

もう少し解説しておきましょう。

公的施設

公的施設は、国や自治体が費用を負担して経営されている老人ホームです。

有名なところだと『特別養護老人ホーム』ですね。

金銭的な余裕がない方であれば、特別養護老人ホームへの入居を考えているでしょう。

特別養護老人ホームが安い理由は、国や自治体が費用を負担してくれているからです。

民間施設

民間施設は、民間の企業が経営している老人ホームです。

公的施設は国や自治体が費用を負担してくれますが、民間施設は民間企業が経営しているため、補助金が一切出ません。

企業が老人ホームを経営する最大の目標は『収益』ですので、補助金が出ないのは当たり前といえば当たり前です。

民間施設の中で有名な施設は『介護付き有料老人ホーム』ですね。

特別養護老人ホームに入居ができずに介護付き有料老人ホームに入居するという方も少なくありません。

老人ホームごとの費用一覧

では実際に、老人ホームごとに掛かる費用を確認してみましょう。

民間or公的 老人ホームの種類 入居金 月額
民間施設 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 20~30万円程度+介護サービス費
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15~30万円程度+介護サービス費
サービス付き高齢者向け住宅 数十万円 5~25万円程度
認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 0~100万円程度 10~20万円程度
シニア向けマンション 0~数千万~数億円 10~30万円
公的施設 特別介護老人ホーム 0円 10~20万円
介護老人保健施設 0円 10~20万円
介護療養型医療施設 0円 5~20万円
軽費老人ホーム(ケアハウス) 数十万~数百万円 10~20万円

これが、老人ホームの種類と掛かる費用です。

こうやってみてみると、公的施設の方が安いということが一目瞭然ですね。

また、公的施設は基本的に入居金が発生しないので大きな支払いをしなくていいという点も魅力的です。

ただし、費用が安いという点で人気が高く、全国的に空いている部屋が少なく、数か月から数年間待機しなければ入居できないような状況になっています。

すぐに入居しなければならないという方は、残念ながら民間施設の老人ホームを利用するしかありません。

費用が変わるポイント

民間施設でも、費用が高かったり安かったりと値段が上下していることがわかると思います。
費用が変わるポイントがあるのです。

  • 介護度(要支援、要介護)
  • 設備費用
  • 立地
  • サービス内容
  • 食費
  • その他

このようなポイントが挙げられます。

これだけではわかりにくい点もあるので、解説が必要なところを解説しますね。

介護度(要支援、要介護)

要支援や要介護という言葉は、老人ホームを利用しようと考えている方であれば、聞いたことがあると思います。

簡単に言ってしまえば、介護を要するレベルを示すもので、要支援は1,2、要介護は1~5まであり、要介護5が最大です。

基本的に、要介護度が上がれば上がるほど費用が高くなります。

ただし、要介護が上がれば上がるほど、介護保険の支給金の限度額も上昇するので、実際には高く感じることはないかもしれません。

設備費用

公的施設では、作られる設備は大体同じなのですが、民間施設は民間企業が設計をするため老人ホームごとに設備が変わります。

例えば、温泉がついている老人ホームもあれば、小さなお風呂一つしかないような老人ホームなどです。

このような点でも費用の差が生じています。

立地

実は老人ホーム内の設備だけでなく、老人ホームが立っている場所にもよって費用が変わります。

駅チカや都会だと費用が高く、逆に田舎や駅から遠ければ費用は抑えられるでしょう。

サービス内容

民間施設は、設備と同じく民間企業がサービス内容を決めるため、費用も老人ホームごとに異なっています。

レクリエーションが豊富であれば、費用は高くなるなど違いは様々です。

まとめ

高価な老人ホームと安価な老人ホームの差は理解していただけたでしょうか?

もう一度費用の差についてまとめておくと、

  • 公的施設と民間施設が一番費用の差に関わっている。
  • 後はサービス内容や設備費用の差で高価な老人ホームと安価な老人ホームの差ができている。

これら2つを覚えていただければOKです。

ぜひ老人ホーム選びの際に役立ててくださいね!

タイトルとURLをコピーしました