誤嚥性肺炎を防ぐ5つの方法!肺炎になりやすい方の特徴も詳しく解説!

誤嚥性肺炎とは、気管に食べ物や水分などが入り込んでしまう「誤嚥」を原因として起こる肺炎のことです。

誤嚥性肺炎は高齢者に多く、最悪の場合死に至ってしまうこともあるのでとても危険な病気です。

そこで今回は、誤嚥性肺炎の予防方法について詳しく解説していきたいと思います!

誤嚥性肺炎の原因やなりやすい方の特徴なども解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

誤嚥性肺炎とは?

誤嚥性肺炎とは、誤嚥が原因として起こる肺炎のことです。

そもそも誤嚥とは、食べ物や水分が誤って気管に入り込んでしまうこと。

誤嚥することで細菌が気管に入り、そのまま肺にまで入り込んでしまうことで発症するのが誤嚥性肺炎ということです。

食べ物の誤嚥以外にも、唾液の誤嚥や胃・食道の飲食物が逆流してしまうことも原因となります。

なぜ誤嚥性肺炎は高齢者に多いのか?

誤嚥性肺炎は、高齢者に多いとされています。

では、なぜ高齢者が発症しやすいのでしょうか?

高齢者は唾液の量が少なくなって、口内に細菌が繁殖しやすくなっています。

口の中が清潔に保たれていないことが多く、肺炎をもたらす細菌が繁殖しやすくなっているのです。

嚥下機能も低下しがちなので、食べ物と一緒に細菌が入りやすくなっています。

また、栄養状態もよくなく、免疫機能が低下していることも原因でしょう。

薬が効きにくくなってしまうこともあるので、予防はもちろんのこと発症したら完全に治すことが大切です。

嚥下肺炎を起こしやすい高齢者の特徴
  • 飲み込みが悪くなっている
  • 咳の反射が低下している
  • 口腔内が清潔に保たれていない
  • 胃液が逆流しやすい
  • 薬の副作用
  • 認知機能の低下

引用元 埼玉県歯科医師会:誤嚥性肺炎予防のための食事姿勢と口腔健康管理

誤嚥性肺炎の症状とは?

誤嚥性肺炎には、以下のような症状が見られます。

  • 何となく元気がない
  • 微熱が続く
  • 食欲不振
  • 顔色がすぐれない
  • のどがゴロゴロする
  • 痰が絡むような咳が出る
  • 食事の後にがらがら声になる (ゼイゼイいう)

症状として発熱があるので、よく風邪に間違えられてしまいます。

しかし、高齢者の場合、誤嚥性肺炎の可能性が高いので注意してください。

引用元 埼玉県歯科医師会:誤嚥性肺炎予防のための食事姿勢と口腔健康管理

誤嚥性肺炎の予防方法5つ!

では、誤嚥性肺炎を予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

誤嚥性肺炎を予防する5つの方法を紹介していきます。

早速確認していきましょう。

  1. 口の中を清潔にする
  2. 薬を服用する
  3. 食後にすぐ横にならない
  4. 免疫力をあげる
  5. 嚥下反射を改善する

1.口の中を清潔にする

口の中を清潔にするということはとても大切です。

口の中は細菌にとって適切な温度・湿度で、繁殖しやすい環境となっています。

歯磨きやうがいを怠ることで、すぐにでも細菌は繁殖してしまいます。

細菌の繁殖を抑えるためにも、食前・食後の口腔ケアを心がけましょう。

万が一、嚥下機能が低下してしまっていても、口の中に細菌がなければ誤嚥性肺炎になるリスクを低くすることができるかもしれません。

2.薬を服用する

誤嚥性肺炎には、脳梗塞予防薬が有効とされています。

予防・治療・再発すべての防止に繋がり、脳梗塞の予防も同時に行えます。

3.食後にすぐ横にならない

食後、すぐに横になることは控えるようにしましょう。

胃の中のものが逆流してくる危険性があります。

特にゲップや胸やけをしているときは、胃液が逆流してくる可能性が高いので注意しましょう。

目安として食後2時間は上体を起こしておくことをオススメします。

4.免疫力をあげる

免疫力の低下を予防しましょう。

規則正しい生活をして、栄養のある食事をとることをオススメします。

肉や魚、大豆などはタンパク質が豊富に含まれているので、免疫力アップに繋がります。

食欲がないときは、栄養補助食品などを利用して最低限の栄養は摂取できるようにしておきましょう。

嚥下障害とは?原因や対策方法を紹介【楽しい食事をしよう】
嚥下障害は高齢者の方であれば誰しもが患う可能性のある障害です。 人間の三大欲求のうちの一つに食事がありますが、嚥下障害を患うとそれを満足に行えなくなる可能性があります。 今回の記事では、嚥下障害についての基礎知識や原因、対策方法...

5.嚥下反射を改善する

食べ物や水分が気管に入り込んでしまう誤嚥障害は、高齢者によく起こることです。

しかし、今回説明しているように誤嚥性肺炎などを引き起こす危険性があるのでしっかり改善していく必要があります。

嚥下障害の改善方法については、以下の記事で詳しく説明しているのでぜひ併せて読んでみてください!

誤嚥したらどうすればいい?すぐ対処して命の危機を回避しよう!
誤嚥とは、食べものや飲み物が気管に入ってしまう状態のことを指します、 「ただのどにつまらせただけでしょ?」と安易に考えてはいけません。 窒息のリスクもあり、最悪の場合命の危機にさらされることもあります。 高齢者は嚥下機能が...

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

誤嚥性肺炎については理解していただけたでしょうか?

高齢者が発症しやすい肺炎ということがわかりましたね。

肺炎は日本人の死因第3位と言われていますし、悪化してしまうと死に至るケースもあります。

身近なところに死の危険性があるというのはとても怖いですよね。

今回の記事をぜひ参考にして、誤嚥性肺炎をしっかり予防し健康を維持していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました