年金だけで老人ホームに入居することはできる?【必要貯金額は?】

老人ホームの費用

『父が老人ホームへの入居を考えていますが、金銭面で不安があります。今現在、年金だけで生活しているため、老人ホームに入居できるかわかりません。どうすればいいでしょうか?』

年金だけで老人ホームに入りたいという方はとても多いです。

結論から言ってしまうと、年金だけで老人ホームに入ることは可能です。

ただし、入居可能な老人ホームは限られてしまいます。

この記事では、年金以外の収入源がない方がどのように老人ホームに入居すればいいのか、説明していきます。

ぜひ参考にしてください。

老人ホームに掛かる費用

まずは、老人ホームに入居するために掛かる費用を見ていきましょう。

わかりやすいように表を用意したのでご覧ください。

民間or公的 老人ホームの種類 入居金 月額
民間施設 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 20~30万円程度+介護サービス費
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15~30万円程度+介護サービス費
サービス付き高齢者向け住宅 数十万円 5~25万円程度
認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 0~数百万円 10~20万円程度
シニア向けマンション 数千万円~数億円 10~30万円
公的施設 特別介護老人ホーム 0円 10~20万円
介護老人保健施設 0円 10~20万円
介護療養型医療施設 0円 5~20万円
軽費老人ホーム(ケアハウス) 数十万~数百万円 10~20万円

民間施設と公的施設で分かれていることに気付いたでしょうか?

この2種類には大きな違いがあるので、軽く説明していきます。

民間施設

民間施設とは、民間企業や医療法人によって経営されている老人ホームとなります。

施設ごとにサービス内容な値段が変わります。

そのため、入居者の状況に合わせてサービスを選ぶことができます。

次に紹介する公的施設と比べると、費用が高くなってしまう可能性があります。

公的施設

公的施設は、国や自治体が運営している介護施設のことを指します。

国から助成金が出ているため、民間施設と比べて費用が安くなっているのが特徴です。

値段が安い分、民間施設よりも人気があり、特別養護老人ホームでは数か月~数年間の待機時間があります。

この2種類の施設について理解しておきましょう。

平均年金受給額

次は年金の平均受給額を調べていきましょう。

年度 厚生年金 国民年金
平成25年度 148,409 57,334
平成26年度 147,513 58,075
平成27年度 147,872 59,013
平成28年度 147,927 59,837
平成29年度 147,051 59,621

参照:平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況 – 厚生労働省

15万弱もらえているということがわかりますね。

つまり、年金だけで老人ホームに入居したいのであれば、15万円以内の老人ホームに入居する必要があるということがわかります。

年金だけで暮らすことができる老人ホームは?

先ほどの年金の金額をもとに、実際に入居できる老人ホームを探してみましょう。

今回の計算では、民間施設と公的施設の2種類行います。

まずは民間施設の有料老人ホームを例に出して計算してみます。

入居時70歳 想定入居期間:10年
入居する施設:有料老人ホーム
入居費用:300万円
月額料金:25万円(全サービス込み)
年金:15万円/月

では実際に計算していきます。

300万円(入居費)+25万円(月額)×12か月-15万円(年金)×12か月=275万円(1年目)
300万円(年間費用)×9年-180万円(年間にもらえる年金)×9=1080万円
1080万円+175万円=1180万円(10年間)

このような条件で有料老人ホームに入居するとなると、10年間で1200万円弱必要になります。

年金の計算を入れてなお1200万円必要なので、年金だけで有料老人ホームに入居することは絶対に無理だということが分かりましたね。

では次は、公的施設で考えてみましょう。

入居時70歳 想定入居期間:10年
入居する施設:特別養護老人ホーム
入居費用:0円
月額料金:15万円(全サービス込み)
年金:15万円/月
15万円(月額)×12か月-15万円(年金)×12か月=0円

特別養護老人ホームであれば、月額15万円という場所もあるので、年金だけで暮らして言ことも可能ですね。

ただし、年金と月額が相殺されてしまうため、その他のサービスを一切利用できなくなってしまいます。

例えば、『病気に掛かってしまったときの入院費はどうするか?』のようなことを考えると、やはり多少貯金がないと生きていくことは難しいですね。

特別養護老人ホームの入居条件

年金だけで最低限の生活ができるのが特別養護老人ホームだということが分かりましたね。

では、特別養護老人ホームに入居するための方法を書いていこうと思います。

その前にまずは、特別養護老人ホームの入居条件を見ていきましょう。

老人ホーム/条件 年齢 要介護度
特別養護老人ホーム 65歳以上 要介護3以上

こちらが特別養護老人ホームの入居条件となっています。

要介護度がわからないという方はまずは、診断してもらいましょう。

特別養護老人ホームに入居しやすくなる方法

  • 複数の特別養護老人ホームに応募する
  • 申請書には今の状況をできるだけ詳細に書く
  • ユニット型の部屋を希望する

このような方法があります。

できるだけ実家と近い場所にある特別養護老人ホームに入りたいという気持ちもわかります。

しかし特別養護老人ホームに入居したいのであればこだわりを捨てなければなりません。

どうしても特別養護老人ホームに入居したいのであれば、周辺地域だけでなく県をまたいででも応募するべきですね。

また、特別養護老人ホームの入居条件は要介護3以上の方です。

要介護3になっていないと受け付けてもらえないので気を付けましょう。

ユニット型部屋は、一番値段も抑えられる部屋となっています。

1人部屋を希望している方が多いということもありますが、ユニット型であれば居住者がいなくなるペースが速いです。

そのため、自分の順番が回ってくるのも必然的に早くなります。

早く入居したいのであればユニット型を選びましょう。

まとめ

どうしても年金だけで生活したいと思っているのであれば、特別養護老人ホームを利用することになるでしょう。

先ほども説明した通り、特別養護老人ホームの入居条件は厳しいです。

また、条件を達していても『身寄りがない人』や『金銭的にどうしようもない人』が優先的に入居できるようになっています。

特別養護老人ホームにも入居できないとなれば、生活保護をもらい有料老人ホームに入居することも検討するといいですね。

どちらにしても一朝一夕では解決できません。

早め早めに計画を立てておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました