なぜ老人ホームに入居できないの?実は新型コロナも影響している!

老人ホーム 入居できない-頭を抱えるシニアの後ろ姿 コラム

「老人ホームは、申し込みをすればすぐに入居できるものだと思っていた!」という声をよく聞きます。

しかし、実際に入居しようとすると気付くんですよね、その考えが正しくなかったということに…。

老人ホームは、場合によって入居できないこともあるのです!

これから老人ホームへ入居しようと考えている人には、不安を与えてしまったかもしれません。

しかし、安心してください!

老人ホームに入居できない理由をしっかりと理解しておくことで、その状況を回避することができます!

そこで今回は、老人ホームに入居できない理由を詳しく解説していきます!

入居待ち期間にするべきことも紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください!

老人ホームに入居できない理由

老人ホームに入居したくても、すぐに入居できないことがあります。

入居できない理由としては、以下の2点が挙げられます。

  • 入居条件を満たしていない
  • 空いているベッドがない

高齢化が進み、多くの老人ホームが開設されるようになりましたが、入居待ちをしている人が絶えないのも現状ではあります。

数ある老人ホームの中でも、特に多くの人が入居を待っている施設が特別養護老人ホーム(特養)です。

年金の範囲内で入居できるという点で人気の老人ホームでしたが、介護法改正によって要介護3以上でないと入居することができない施設になりました。

そのため、すぐには特養に入居できない人や、入居を待っている人が増えているのです。

また、特養への入居は申し込み順ではなく、要介護者の緊急度で決まるので、早めに申し込んだからといってミュートできるわけではないのです。

特養に早く入れる方法を公開!裏ワザを使ってご近所さんより先に入所しよう!
老人ホームの種類はたくさんありますが、その中でも圧倒の人気を誇りのは特別養護老人ホーム(特養)ですよね。 公的施設で費用も安く、終身利用することも可能ですので、多くの人が利用を検討していると思います。 しかし、特養の最大のデメリ...

新型コロナウイルスの影響で老人ホームに入居できない!

世界的に流行となっている、新型コロナウイルス

日本での感染者も1万人を超え、新型コロナの脅威は留まるところを知りません。

感染防止を図るため、様々な業種が休業などの対策を打ち出していますが、介護業界でも感染防止策は取られています。

現在、多くの老人ホームでは新規入居者の受付を停止し、見学や体験入居なども自粛しています。

老人ホームに入居できない理由として、新型コロナウイルスの影響もあるみたいですね。

老人ホームごとの受け入れ体制を理解しよう!

老人ホームに入居できない理由として、「入居条件を満たしていない」という点を挙げました。

希望する老人ホームの入居条件をしっかりと理解していなければ、ただの申し込み損になってしまいます。

ご本人の身体状況を考え、利用条件を満たしている施設を探すようにしましょう!

各施設の入居条件を、以下の表で確認してみてください!

特別養護老人ホーム
  • 65歳以上で要介護3以上の高齢者
  • 40歳~64歳で特定疾病が認められ要介護3以上の方
  • 特例により入居が認められた要介護1~2の方
介護医療員
  • 要介護1以上
介護療養型医療施設
  • 65歳以上
  • 要介護1以上
介護老人保健施設
  • 要介護1以上
介護老人福祉施設
  • 要介護1以上
グループホーム
  • 認知症かつ要介護2以上
有料老人ホーム
  • 施設によって異なる

老人ホームの入居待ちの間にすべきこと

老人ホーム 入居できない-高齢者に質問をするケアマネージャー

老人ホームにすぐ入居できないとしても、入居の順番をただ待っているだけではいけません!

少しでも早く入居できるよう、様々な行動を起こすようにしましょう!

では、具体的にどのようなことをすればいいのかお教えしていきます!

  • 地域包括支援センターに相談しよう!
  • ショートステイを利用しよう!
  • 有料老人ホームも検討しよう!
  • 在宅介護サービスを利用しよう!

地域包括支援センターに相談しよう!

地域包括支援センターとは、高齢者が住み慣れた地域で生活し続けるためのサポートを目的とした機関のことです。

医療や福祉に関する高齢者の相談に乗るということが、業務内容の一環でもあります。

さらに、老人ホームの空き状況なども地域包括支援センターで確認することができる場合もあります。

老人ホームに入居したくてもできなかった場合は、当センターに相談するようにしましょう。

入居待ってる間にするべきことや、必要に応じて介護サービスなども紹介してくれます。

地域包括支援センターには、保健師・社会福祉士・ケアマネージャーといった専門家が在籍しているので、それぞれの分野の内容に対して親身になって相談によってくれるでしょう。

地域包括支援センターの役割とは?利用方法や働く専門家についても解説!
地域包括支援センターとは、高齢者が過ごしやすい生活をサポートするために設置されている機関です。 名前は聞いたことあるけど、具体的に何をしているのか、どのような時に利用すればいいのか、わからない人は多いと思います。 そこで今回は、...

ショートステイを利用しよう!

ショートステイとは、短期間施設に入居し、長期的に入居している他の入居者と同じ介護サービスを受けることができるサービスです。

利用者が自宅にこもりきりで感じる孤独感を解消し、自立した生活が送れる支援をすることを目的としています。

連続で最大30日間宿泊利用することができますので、老人ホームへ入居できなかった人は利用してみてはいかがでしょうか?

ショートステイで受けられる、主な介護サービスは以下の通りです。

  • 入浴
  • 排せつ
  • 食事介助
  • 医師による健康管理
  • 生活に関する相談、助言
  • 機能回復訓練

通常の老人ホームとほとんど変わらない介護サービスを受けることができますよ!

また、ショートステイを利用することで、老人ホームに対し顔を売ることができるので、入居へ有利に働くかもしれません。

ショートステイ(短期入所生活介護)とは?施設の種類や申込方法も徹底解説!
ショートステイとは、1~30日間の期間で宿泊利用することのできる介護施設です。 在宅で介護を行っていると、どうしても家を空けなければいけない予定がでてくることもありますよね。 そんなときに利用されているのが、このショートステイな...

有料老人ホームも検討しよう!

「費用のことを考えて、公的施設しか検討していない!」といった人もいるかもしれません。

たしかに、入居金がかからない公的施設は費用面でとても魅力的ですよね。

しかし、入居条件が要介護1以上である施設がほとんであることも加え、その分競争率も高いということです!

一方で、有料老人ホームは施設によって入居条件が異なりますので、利用対象者の幅が広がります。

ですので、有料老人ホームの方が入居しやすい可能性もあるのではないでしょうか?

有料老人ホームを全く考えていなかったという人も、老人ホーム選びの視野に入れてみることをオススメします。

ではここで、筆者オススメの有料老人ホームを紹介します!

有料老人ホームなないろ

有料老人ホームなないろの概要
入居時 20万円
月額 10万 ~12万
所在地 東京都八王子市叶谷町1777
アクセス
  • JR中央線西八王子駅西八王子駅前より、市01(西東京バス) 松枝住宅行乗車 「住宅北」バス停にて下車 徒歩2分程度
  • 八王子インターチェンジより、およそ20分
利用対象者
  • 原則65歳以上
  • 要介護1~要介護度5
  • 共同生活ができる方であれば、認知症の方も入居可
  • 民間施設の中でも最安クラス!
  • ヘルパーは24時間常駐!
  • 今後、看護師も24時間常駐予定!

八王子にある住宅型有料老人ホームです。

民間企業が運営する老人ホームとして、東京都の中でも最安クラスに入る料金の安さが特徴です。

施設には24時間常駐のヘルパーもおり、十分な介護サービスを受けることができます。

また、近日中に看護師までも24時間体制で配置する準備を整えているそうですので、体調面が心配な方でも安心して入居することができます。

老人ホームの人気ランキング!条件別オススメ施設も紹介!
年齢を重ねるにつれて、老人ホームへの入居を検討し始めますよね。 しかし、老人ホームにはいろんな種類があり、自分に合った施設がどれなのかはよく分からないと思います。 「安い方がいい!」「医療サービスを受けられるところがいい!」など...

在宅介護サービスを利用しよう!

介護が必要になったから老人ホームへ入居しようと考え始めた人が多くいると思います。

そのような人は、老人ホームへ入居できなくても介護が必要となってきますよね。

「でも老人ホームへは入居できないし、介護が受けられない…」と、思い詰める必要はありません!

老人ホームでなくても、介護サービスを受けることはできるのです!

入居待ちの期間は、在宅介護サービスを利用しましょう!

自宅で利用できる在宅介護サービスを、一部紹介していきます。

  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護

訪問介護

訪問介護とは、ホームヘルパーが要介護者などの自宅を訪問し、利用者が必要としている介護を提供するサービスです。

サービスを行う人は、訪問介護員といい「介護福祉士」や「ホームヘルパー」を指します。

ホームヘルパーとして働けるのは、「介護福祉士」「介護員養成研修修了者」「介護職員初任者研修修了者」など、専門的な知識を持ち資格を取得した人たちです。

訪問介護では、「身体介護」「生活援助」「通院等乗降介助」の3つのサービスを行ってくれます。

「身体介護」では、主に食事介助・排泄介助・着脱介助・入浴介助が主なサービス内容です。

「生活介助」では、洗濯・掃除・買い物など、日常生活に必要な支援を行ってくれます。

「通院等乗降介助」では、通院の際に必要な乗車や降車を介助するサービスのことです。

訪問介護ってどんなサービス?料金・利用対象者などを徹底解説!
「訪問介護」は、在宅介護サービスの中で最も中心となるサービスです。 在宅介護を始めるにあたって、ほとんどの人が利用を検討しているサービスでしょう。 利用するにあたって、サービス内容や料金、失敗しない選び方など気になりますよね? ...

訪問入浴介護

看護師や介護職員が、巡回入浴車で自宅を訪問し、入浴介助してくれるサービスです。

自宅の浴槽が利用できない人や、デイサービスなどを利用しているため入浴には介助がない人が、通常ではこのサービスを利用しています。

入浴前に血圧・体温測定などの体調確認が必ず行われ、体調に問題があったら部分浴や清拭に変更される場合もあります。

訪問入浴介護の料金は?サービス内容・利用対象者・当日の流れを徹底解説!
訪問入浴介護とは、名前の通り、在宅で受けることのできる入浴サービスのことです。 自宅の浴槽が狭かったり、ご家族だけでは入浴支援が困難だったりする場合に利用されるサービスです。 デイサービスで入浴までできる場合もありますが、通所サ...

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

老人ホームに入居できない理由については理解していただけたでしょうか?

新型コロナウイルスの影響で、入居しやすかった老人ホームですら入居が困難になってきています。

入居を急ぐ気持ちも分かりますが、まずは自分の健康を第一に考えリスクのある見学や体験入居は控えるようにしましょう。

入居ができない現状で、筆者がオススメするのは在宅介護サービスです!

在宅介護サービスにも様々な種類がありますので、ご本人に合ったサービスをぜひ利用してみてください!

新規申し込みが開始されたら、見学や体験入居を行い、希望に沿った老人ホームに出会えることを心より祈っています!

在宅介護サービスにはどのような種類があるの?在宅介護を受けるまでの流れを解説!
近年では、自宅で療養をしたい人も増えてきているため、「在宅介護サービス」のニーズが高まってきています。 そんな在宅介護サービスには、様々な種類があるのをご存知でしょうか? 身体状況や環境によって、利用すべき採択介護サービスは異な...
タイトルとURLをコピーしました