小規模多機能型居宅介護とは?気になる料金やサービス内容を徹底解説!

小規模多機能型居宅介護 料金-小規模多機能型居宅介護 料金 在宅介護の費用について

小規模多機能型居宅介護とは、「通い」「訪問」「宿泊」の3つのサービスを同事業所で受けられる介護サービスのことです。

複数のサービスを提供していますが、利用者の定員は少なくなっているので、家庭的な雰囲気の中介護サービスを受けることができますよ。

地域密着型サービスなので、介護が必要になっても住み慣れた環境でいつまでも暮らしたいと願う方にオススメの介護施設です。

そこで今回は、そんな小規模多機能型居宅介護について詳しく説明していきたいと思います!

みなさんが気になる料金についても解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

老人ホームの費用はどのくらい必要?【表でわかりやすく解説】
老人ホームへの入居を検討している方であれば、「どのくらいの費用がかかるのだろう?」不安に思いますよね。結論から言ってしまうと、施設によって値段はさまざまです。老人ホームには、大きく『公的施設』と『民間施設』に分けることができます。一言で言っ
\ 完全無料 /↓カンタン1分入力で老人ホーム選びをプロに相談↓
  • ステップ1/7
ご希望の入居エリア
ご希望の入居時期
1ヶ月あたりの上限予算
氏名
性別
年齢
介護度
ご相談者様の氏名
携帯電話番号
メールアドレス
入居予定者とのご関係
その他ご要望

個人情報の取り扱い」「利用規約」に同意する

小規模多機能型居宅介護とは?

小規模多機能型居宅介護とは、同施設で「通い」「訪問」「宿泊」の3つのサービスを利用することができる介護サービスです。

「通い」のデイサービスを中心に、利用者の身体状況や生活スタイルに合わせて介護サービスを組み合わせることができます。

地域密着型サービスなので、事業所がある自治体に住民票をもっている方しか利用することはできませんが、住み慣れた地域でいつまでも元気に暮らすことができますよ。

定員も少ない人数で設定されているので、他の入居者とも深くコミュニケーションを取れるので楽しく利用できます。

基本的に介護度が変化していくと、必要とするサービスが変わってきて、その都度介護施設を探さなくてはいけません。

しかし、小規模多機能型居宅介護を利用することで3つの介護サービスを、同施設・同スタッフから受けることができます。

介護というのは身体の触れ合いのもと成り立ちますから、身体状況が変わっても顔なじみのスタッフに対応してもらえるのは安心できますよね。

「通い=デイサービス」「訪問=訪問介護」「宿泊=ショートステイ」といった認識がされていますが、実は似ているようで少しサービス内容が違うんです。

小規模多機能型居宅介護のサービス内容を詳しく確認していきましょう。

小規模多機能型居宅介護の「通い」

「通い」と「デイサービス」の大きな違いは、利用時間です。

デイサービスでは、朝自宅への送迎があって施設に向かい、入浴や食事、レクリエーションなどの1日のプログラムを済ませます。

要介護者のデイサービスの利用が多くなった現在では、「1日の利用は長い」と考えている方が増えてきているのです。

一方で、小規模多機能型居宅介護の「通い」なら、入浴や食事だけの短時間利用や、お茶をしに行くだけの利用も可能です。

一人一人の求める生活スタイルに合わせて、自由に利用することができます。

しかし、施設でも自由に過ごしてほしいといった目的が強くあるため、レクリエーションなどは用意されてないことが多いです。

他の利用者の方と一緒にレクリエーションをしたいと考えている方には、向いていないかもしれませんね。

デイサービスの料金っていくら?サービス内容・種類などを徹底解説!
デイサービス(通所介護)は、施設に通い介護サービスを受けることで、機能回復をはかり、利用者の孤独も解消することを目的としています。 日頃介護をしているご家族の休息時間として利用されることも多く、人気の介護サービスです。 デイサー...

小規模多機能型居宅介護の「訪問」

「訪問」と「訪問介護」の違いも、利用時間にあります。

一般的な「訪問介護」は、30分や1時間などの利用時間がサービス枠となっています。

入浴や食事などのサービス内容によって料金を支払うのでなく、利用時間によって料金が決まっているというわけです。

一方で小規模多機能型居宅介護の「訪問」には、利用時間の縛りがありません

「5分でいいので毎日安否確認にきてもらう」「外出する前の15分間で着替えだけ手伝ってもらう」など、ピンポイントでの利用が可能です。

1日複数回の利用も可能なので、寝たきりの人は排せつや体位変換のためにヘルパーさんを呼ぶこともできますよ。

訪問介護ってどんなサービス?料金・利用対象者などを徹底解説!
「訪問介護」は、在宅介護サービスの中で最も中心となるサービスです。 在宅介護を始めるにあたって、ほとんどの人が利用を検討しているサービスでしょう。 利用するにあたって、サービス内容や料金、失敗しない選び方など気になりますよね? ...

小規模多機能型居宅介護の「宿泊」

「宿泊」と「ショートステイ」の違いは、利用のしやすさです。

ショートステイは、希望する日程で利用の予約をとるのが一般的です。

ベッドにも限りがあるので、予約が空いていなかったら利用できない場合もあります。

ご家族が冠婚葬祭などの際に利用したい場合は、日付をずらすことができないので予約が取れなかったら相当困りますよね。

しかし、小規模多機能型居宅介護の「宿泊」では、予約が埋まってて利用できないといった場合はほとんどありません

事業所に登録している方しか利用できないショートステイなので、大体の利用人数を把握できベッドを用意できるからです。

「通い」からそのまま「宿泊」利用できるので、自宅以外での生活でもいつもコミュニケーションをとっているスタッフがいるので、安心して利用できるでしょう。

ショートステイ(短期入所生活介護)とは?施設の種類や申込方法も徹底解説!
ショートステイとは、1~30日間の期間で宿泊利用することのできる介護施設です。 在宅で介護を行っていると、どうしても家を空けなければいけない予定がでてくることもありますよね。 そんなときに利用されているのが、このショートステイな...

小規模多機能型居宅介護ではどれくらいの料金がかかるの?

「3つもの介護サービスを利用できるなら、その分料金も3倍かかるの?」と少し思ってしまいますよね。

では、小規模多機能型居宅介護ではどれくらいの料金がかかるのでしょうか?

実際に利用する際にかかる料金は、「月額定額料金」と「その他の料金」の2つにわけられます。

それぞれの料金を詳しく確認していきましょう。

月額定額料金

小規模多機能型居宅介護の基本料金は、なんと「月額定額制」です。

3つのサービスを利用するから、3倍の料金がかかるというわけではなかったんですね。

毎月一定額を支払えば、3つのサービスを自由に利用できるなんて驚きです。

ただ、利用回数が少ない月でも同じ料金を支払うことになるということですので、注意してください。

月額定額料金は、要介護度などによって変わってきますので確認していきましょう。

単位数(月) 自己負担1割 自己負担2割
要支援1 3,403単位 3,688円 7,371円
要支援2 6,877単位 7,488円 14,896円
要介護1 10,320単位 11177円 22,353円
要介護2 15,167単位 16,426円 32,852円
要介護3 22,062単位 23,894円 47,787円
要介護4 24,350単位 26,371円 52,742円
要介護5 26,849単位 29,078円 58,155円

※アルソック介護:小規模多機能型居宅介護「みんなの家」の場合

その他の料金

月額定額料金の他に、諸々の料金がかかることがあります。

その他の料金としては、

  • 加算料金
  • 食費
  • 宿泊費
  • おむつ代

などです。

その他の料金は、使ったら使った分だけ請求される金額です。

食費や宿泊費は大体のイメージがつくとは思いますが、加算料とは一体何なのでしょうか?

加算料金とは?

加算料金とは、+αのサービスや体制に対して基本料金とは別に加算される料のことです。

要介護度によって変わる金額ではありませんが、施設によって設定金額は変わってきます。

どこの小規模多機能型居宅介護を利用しても胸痛でかかる加算料金もありますが、サービス内容が少し違ってくるので、事前に確認しておくといいでしょう。

ここでは、月額定額料金と同じくアルソック介護の小規模多機能型居宅介護を例に、その他の料金を紹介していきます。

単位数/日 自己負担1割 自己負担2割
初期加算 30単位 33円 65円
総合マネジメント強化加算 1,000単位 1,083円 2,166円
認知症加算(Ⅰ) 800単位 867円 1,733円
認知症加算(Ⅱ) 500単位 542円 1,083円
訪問体制強化加算 1,000単位 1,083円 2,166円
朝食 381円
昼食 504円
夕食 504円
宿泊費 1泊:3,600円

※アルソック介護:小規模多機能型居宅介護「みんなの家」の場合

参考元 アルソック介護 小規模多機能型居宅介護:みんなの家 稲城長沼

アルソック介護の評判を知りたい!実際の口コミで施設を紹介!
アルソック介護とは、名称からわかる通り警備会社「ALSOK」が展開する介護事業です。 警備会社での信頼があるからこそ、生活空間での安全を提供でき、入居者が安心して日常生活を過ごすことができるでしょう。 介護施設では、アルソック介...

デイサービスなどをそれぞれ契約するのとどちらが安いの?

小規模多機能型居宅介護は「通い」「訪問」「宿泊」の3つのサービスが利用できるとても便利な介護サービスということがわかりました。

しかし、「それだったらすべて個別で契約してもいいんじゃないの?」と思う方もいるのではないでしょうか?

実際に、デイサービスや訪問介護をそれぞれ利用するのと、小規模多機能型居宅介護のみ利用するのではどちらが安いのかって気になりますよね。

結論から言うと、どちらが安くなるかは利用状況によって異なります

利用回数や介護度によっても変わってくるので明確に断定はできませんが、一度どのサービスをどれくらい利用するか考えてみるといいでしょう。

しかし、前述した通り小規模多機能型居宅介護は月額定額料金なので、回数を多めに利用したい方や体調にばらつきがあり月によって利用回数が異なる方などには小規模多機能型の方がオススメです。

一方で、利用回数が少ない方やどれくらい利用するか見当がつかない方は、まずは個別でデイサービスなどを利用してみるといいでしょう。

利用回数が多くなってから小規模多機能型居宅介護に契約するのでも問題はありません。

契約した日から料金が発生するの?

月額定額料金だと、まだ利用していなくても契約した日から料金が発生してしまう気がしますよね。

「そうしたら月末に契約するのは避けたほうがいいのかな?」と考える方もいるかもしれません。

しかし、小規模多機能型居宅介護は契約した日から料金が発生するわけではありません。

料金が発生するのは、利用開始日~契約終了日の期間です。

そのため、月の途中で利用を開始したり契約を終了したりする場合は、日割りで計算されますので安心してください。

小規模多機能型居宅介護の6つのメリット

小規模多機能型居宅介護のメリットは以下の6つです。

  • 「通い」「訪問」「宿泊」のサービスを1つの事業所との契約で利用できる
  • 定額で複数のサービスを組み合わせて利用できる
  • 「通い」は短時間での利用も可能である
  • 「訪問」は時間や回数に制限がないため、必要なときに必要な分だけ利用できる
  • 少人数制なので手厚い介護サービスが受けられる
  • 違うサービスでも顔なじみのスタッフに対応してもらえる

小規模多機能型居宅介護の4つのデメリット

小規模多機能型居宅介護のデメリットは以下の通りです。

  1. 事業所のケアマネージャーに変更しなくてはいけない
  2. どれかのサービスに不満があっても、部分的に事業所を変更することができない
  3. 「通い」はデイサービスに特化している施設の方がレクリエーションが豊富である
  4. 居宅介護支援・訪問介護・訪問入浴介護・デイケア・デイサービス・ショートステイの介護保険サービスは併用できない
ケアプラン作成の流れを詳しく解説!ケアプラン作成のポイントも!
介護サービスを利用するときは、誰しも介護保険を使いますよね。 介護保険が適用されると、自己負担額が1割~3割になるので、絶対に使いたい保険ですよね。 しかし、この介護保険を使って介護サービスを利用するには「ケアプラン」が必要なの...
訪問入浴介護の料金は?サービス内容・利用対象者・当日の流れを徹底解説!
訪問入浴介護とは、名前の通り、在宅で受けることのできる入浴サービスのことです。 自宅の浴槽が狭かったり、ご家族だけでは入浴支援が困難だったりする場合に利用されるサービスです。 デイサービスで入浴までできる場合もありますが、通所サ...
デイケアの料金やサービス内容を徹底解説!他サービスとの比較も!
デイケアとは、施設に通いながらリハビリを受ける在宅介護サービスのことです。 街中でも、デイケアの送迎車などをよく見かけませんか? このように、リハビリ以外にも送迎などのサービスを行っており、多くの人が利用している介護サービスです...

まとめ∼小規模多機能型居宅介護の料金∼

最後まで読んでいただきありがとうございます。

小規模多機能型居宅介護については理解していただけたでしょうか?

サービスごとに事業所を変えていたら、その度施設探しをしなくてはいけなくなるためご本人もそのご家族にも手間がかかります。

しかし、小規模多機能型居宅介護は同事業所で3つもの介護サービスを受けられるので、とても便利ですよね。

介護サービスが変わっても顔なじみのスタッフに対応してもらえるのも安心です。

小規模多機能型居宅介護の利用を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!

素敵な介護施設に出会えることを、心より祈っています!

老人ホームの選び方を徹底的に解説!【失敗しないために必要なこと】
『老人ホームはどのようにして選べばいいですか?』 『後悔したくないの、老人ホームを選ぶ際に注意する要素を教えてくれませんか?』 老後の大半の時間を老人ホームで過ごす...
\ 完全無料 /↓カンタン1分入力で老人ホーム選びをプロに相談↓
  • ステップ1/7
ご希望の入居エリア
ご希望の入居時期
1ヶ月あたりの上限予算
氏名
性別
年齢
介護度
ご相談者様の氏名
携帯電話番号
メールアドレス
入居予定者とのご関係
その他ご要望

個人情報の取り扱い」「利用規約」に同意する

タイトルとURLをコピーしました