在宅介護と老人ホームを徹底比較【メリット・デメリットも紹介】

老人ホームの基礎知識

『在宅介護と老人ホームでの介護、どちらを選べばいいでしょうか?』

『在宅介護と老人ホームでの介護ではどちらの費用が高くなりますか?』

親が介護を必要としたときにこのような悩みを持つ方が増えています。

自宅の方が安く済むはずだけど、家族で介護をすることは可能なのだろうか…。と悩みだすとなかなか決めることができませんね。

この記事では、在宅介護と老人ホームでの介護を徹底的に比較し、どちらがおすすめか解説していきます。

メリットやデメリットも書いているのでぜひ参考にしてみてください。

在宅介護と老人ホームの費用の差は?

一般的には、老人ホームの費用のほうが掛かると思われていますが、在宅介護でも金銭面での負担が掛かります。

在宅介護で一か月あたりに掛かる費用は、平均で5万円だといわれています。

5万円の内訳としては、介護保険サービス費用で1.6万円、介護サービス以外で3.4万円といわれています。

介護保険サービスを利用しなかったとしても、3万円はかかるということですね。

また、在宅介護を家族だけで行うとすると、家をリフォームしてバリアフリー化しなければいけない状況にもなります。

在宅介護をするために家をリフォームした際に掛かる費用は80万円前後だとされているので、結局費用がかかってしまいます。

老人ホームに入居するとなれば、掛かる費用としては『入居金』と『月額料金』の2種類です。

最近の老人ホームでは、入居金を一切必要としないところもあるので、在宅介護をするためにリフォームをするくらいなら、老人ホームに入居したほうが安く済む場合もあります。

有料老人ホームに入居するのであれば、入居金が0~数百万円、月額料金は20万円前後になります。

料金だけでいえば、在宅介護をしたほうが多少安く済みますね。

在宅介護のメリット・デメリット

在宅介護をする際のメリット・デメリットを考えていきましょう。

在宅介護をするメリット

在宅介護をするメリットは『自由度の高い介護が可能』という点です。

在宅介護であれば、利用者が必要だと感じている介護だけを外部の介護サービスに頼むことができるので、費用を抑えられます。

介護サービスを必要だと感じないのであれば、家族が介護サービスをすれば費用も掛かりません。

在宅介護をするデメリット

在宅介護をするデメリットは以下の3つです。

  • 夜間も介護が必要
  • 家族で介護をしなければいけないため心身的な苦痛になる
  • プロが介護をするわけではないので、できることに限界がある

上記の3つについて詳しく解説していきます。

夜間も介護が必要

昼間は訪問介護サービスを利用したり、デイサービスを利用したりしていたとしても、夜中まで見てもらうことはできません。

夜中の介護は家族がしなければいけないので、心身的な負担につながってしまいます。

家族で介護をしなければいけないため心身的な苦痛になる

訪問介護やデイサービスを利用しない場合は完全に家族だけで介護を行わなければいけません。

強い責任感を感じて、うつ病になってしまったり、介護している側が体調を崩してしまったりと、いろいろな害を生んでしまうことが多々あります。

また、子供がいない、もしくは子供と一緒に暮らしていないという方は、老老介護になってしまう可能性もつながります。

介護をしている時には、ほかのことを考える余裕がなくなってしまい、気付いた時には心身ともに疲れ切っているということもよくあることです。

プロが介護をするわけではないので、できることに限界がある

在宅介護をするといっても、家族だけで介護をするのには限界があります。

家族に介護士がいるのであれば別ですが、基本的には家族全員とも介護の素人でしょう。

そのため、できることには限界があります。

もし誤った行動をしてしまった場合に、取り返しのつかない事態になってしまう可能性もあります。

プロの力を一切利用せずに介護をするのは、すぐに限界が来てしまうでしょう。

老人ホーム利用した際のメリット・デメリット

次は老人ホームを利用した際のメリット・デメリットについて考えていきましょう。

老人ホームを利用した際のメリット

老人ホームを利用した際のメリットは以下の点です。

  • 介護士の方が常に介護をしてくれる
  • 家族に負担が掛からない

これらについて詳しく説明していきます。

介護士の方が常に介護をしてくれる

プロの介護士の方が24時間介護をしてくれるため、安心して生活することができます。

老人ホームには、常に介護士の方が配置されているので、急に容態変化してしまっても対応してもらえます。

また、介護士以外にも看護師が常駐している老人ホームもあるので、ケガをしてしまったり風邪をひいてしまったりしてもすぐに対応してもらえるのが魅力です。

家族に負担が掛からない

やはり老人ホームに入居する点として一番大きいメリットは家族に心身的な負担がかからないという点でしょう。

家族での介護には限界もあり、心身共に病んでいてしまうことがよく起こります。

そういった負のスパイラルを抜け出すためにも老人ホームに入居してもらうことは重要です。

老人ホームを利用した際のデメリット

老人ホームを利用した際のデメリットは以下の3つです。

  • 費用が高くなってしまう
  • 他人に介護されることにストレスを感じる
  • 自由度が低い

これらについて詳しく解説していきます。

費用が高くなってしまう

在宅介護をするよりも費用は掛かってしまうことは間違いないです。

初期費用で数百万円かかってしまうこともありますし、月額料金も平均して20万円ほどかかってしまいます。

介護の体制が完璧に整っている分、費用がかかってしまうのは仕方ないことですが、お金に余裕がない場合は、老人ホームを利用することは難しいですね。

他人に介護されることにストレスを感じる

老人ホームに入居することは、家族にとってはメリットに感じるかもしれませんが、入居者からはストレスに感じてしまうかもしれません。

全く見ず知らずの人に入浴や排せつなどの介護をされると少なからずストレスは感じるでしょう。

介護士に介護をしてもらうということに慣れるまでに、嫌になってしまうということも考えられますね。

自由度が低い

自宅での生活とは違い、老人ホームで生活するということは集団行動をしなければいけません。

起きる時間や食事の時間が明確に決められているため、自由度は少ないです。

また、常に介護士の方に見られていると感じるので、プライベートの時間も極端に減ってしまいます。

この点でもストレスに感じてしまうかもしれませんね。

在宅介護をしている人の声

実際に在宅介護をしている方の声を見ていきましょう。

53歳 女性

要介護5の母の介護を1年間してきました。
週3回のデイサービスと訪問介護を利用していますが、それ以外の時間は常に母の近くに居なければいけなく、心身ともに限界です。
自分自身も体調が悪くなってきてしまったのですが、どうしたらいいですか?
常に親のことを考えて行動しなければいけないことや1年間の在宅介護は本当につらいことです。

1年間の在宅介護の時点で限界を迎えているようですが、このままでは本当に体を壊してしまいます。

できる限り早急に老人ホームに入居してもらうことをおすすめします。

50歳 女性

脳血管障害で認知症と診断された母を家で診ています。
ほぼ寝たきり状態で、排せつや入浴の介護も自分でやっているのですが、もう限界です。
認知症も進んでいて、入浴をしたばかりなのに『お風呂はまだ?』と何度も聞かれ、精神的にも参っています。
このような場合はどうしたらいいのでしょうか?

認知症の方を家で介護することはかなりのストレスを感じてしまいます。

この方もそうですが、ご飯を食べても『ご飯はいつなの?』と怒ってくる認知症の方もいます。

お金に余裕があるのであれば、グループホームに入居してもらうことをおすすめします。

在宅介護に限界を感じたらどうすればいい?

上記の声のように、在宅介護に限界を迎えている方は全国にいます。

介護疲れによって、共倒れしてしまうことも多々あるので、気をつけてください。

一人で抱え込まないようにしよう

まずは、1人で抱え込むことをやめましょう。

家族だけではなく、地域包括支援センターを利用したり、ケアマネージャーに相談したり、頼れるものはすべて利用して、ストレスをため込まないようにしましょう。

民間の老人ホームでも無料で相談に乗ってくれるところもあるので、まずは相談だけでもしてみましょう。

施設に入居を考えよう

やはり、在宅介護には限界があるということが理解できたと思います。

限界を感じたら、老人ホームへの入居を考えましょう。

費用の面で難しいと感じる人もいるかもしれませんが、特別養護老人ホームのような自治体や国が経営している老人ホームであれば、費用を抑えることができます。

まずはケアマネージャーに相談してみましょう。

また、老人ホームに入居させることに罪悪感を覚える方がいますが、罪悪感を覚える必要はありません。

介護しているうちに自分が潰れてしまっては意味がないので、できるだけ早めに老人ホームに入居してもらいましょう。

在宅介護と老人ホームはどちらがおすすめ?

これまで見てきてもらった通り、どちらにもメリット・デメリットは存在します。

費用の面だけで考えれば、在宅介護の方が安いですが、自分で介護をしなければならないという義務感から、ストレスを感じてしまいます。

老人ホームを利用できるのであれば、老人ホームを利用したほうがいいでしょう。

費用がなくて老人ホームを利用できないという方も、特別養護老人ホームのような老人ホームであれば、費用を抑えられるので、入居を考えましょう。

ただし、介護される本人の意思もできるだけ尊重してあげることも大事です。

まとめ

介護はいつまで、どのような状態で続くか全く見当もつかないことです。

できるだけ介護に詳しい方と相談して在宅介護か老人ホームを利用するか決めるべきでしょう。

市区町村の役場やケアマネージャーに相談することで、解決の糸口を見つけることができるかもしれません。

まずは、相談してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました